葬儀の費用

フリープランの葬儀費用はどれくらいかかる?こだわりのメリハリが大切

フリープランの葬儀費用はどれくらいかかる?こだわりのメリハリが大切

フリープランの葬儀とは、文字通り従来の形式ではなく、故人の遺志やご遺族の意向に沿って自由に組む葬儀のこと。無宗教葬、自由葬などとも呼ばれます。

以前は葬儀は伝統的な作法に則って行うべきという感覚が強かったものですが、時代の変化とともに、徐々に「その人らしい」「自分たちらしい」葬儀が選ばれることも増えてきました。

フリープランの費用はどれくらい?青天井にはお気をつけて

フリープランで葬儀を行う場合、費用はどれくらいかかるものなのでしょうか?形態はさまざまなため、一概に言うことは難しいのですが、

・宗教的儀式を入れるか
・一般的な葬儀(お通夜→告別式→火葬)のように2日間行うか
・お別れの会のような形にするか

この3つの選択肢が費用を大きく左右します。

主な費用は
・場所代金(ホール利用料・火葬料)
・消耗品代
・人件費
・接待費(食事・返礼品)
・湯灌や寝台搬送費用など、ご遺体を安置するために必要な費用

などです。宗教的儀式を入れると宗教者費用がかかり、生演奏などを行う場合、そのつど別途実費が発生します。

こだわるといくらでも費用がかかってしまうのがフリープラン。例えば祭壇は30万程度から作ることが可能ですが、凝ったものをデザインすると200万以上することも。棺や骨壷も、シンプルなものから装飾を施したものまで、幅広い種類があります。

あれもこれもと欲張ると総額400万を超えてしまうこともあります。

「何が大切か」を明確にしてメリハリをつける

フリープランはこだわってお見送りできることが大きな魅力です。一方でキリがなくなって費用が膨らみすぎることには注意が必要です。「どこにこだわりたいのか」を明確にしておき、思い切って必要のないところは簡素にしてしまうのもひとつの方法です。

音楽を重視したいのか、故人の好きな花で囲んであげたいのか……メリハリをつけることがフリープランでは特に重要となります。

葬儀社とのやり取りはこまめに

フリープランでは、葬儀社とのやり取りがカギとなります。自分たちがどのようなプランを描いているのか、またそれは実行可能なのか、当日「こんなはずじゃなかった」とがっかりしないように、やり取りや連絡をこまめに行いましょう。葬儀にはわからないことも多いもの。葬儀社と確認しながら進めると当日もスムーズです。

また、フリープランはもともとあるプランではないだけに、見積書が大きな役割を果たします。不適当な金額になっていないか、複数人で確認すると良いでしょう。

フリープランの葬儀で故人をあたたかく見送って

費用に関しては未知数な側面もありますが、フリープランは故人を、縁の深い人々と心をこめて見送れるのが大きな魅力。あたたかな葬儀は、故人への敬意と愛情を伝えることができます。フリープランの葬儀、ご検討してみてはいかがでしょうか。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。