コロナ
家族葬の費用

コロナ禍で選ばれる家族葬の平均費用相場は70万円!その内訳とは?

 コロナ禍では、感染拡大を懸念して、ご遺族や親族のみで行う家族葬が注目されています。この家族葬の平均費用相場は70万円です。この記事では、家族葬の費用の内訳について分かりやすく解説します。これから、葬儀を行う方は、この記事を参考にしてみてください。

新型コロナウイルス感染拡大の影響は葬儀にも及んでいます。クラスター感染を懸念して、コロナ禍では、ご遺族や親族のみで行う小規模の家族葬が注目されています

大切な故人との別れは、突然に訪れるもの…。そのため、葬儀費用は臨時の出費となることから、金額を気にされる方が多いです。実際に、家族葬はいくらで行えるのでしょうか?

この記事では、コロナ禍での家族葬の平均費用相場について分かりやすく解説します。

コロナ禍での家族葬の平均費用相場

家族葬の平均費用相場は、約70万円です。

葬儀会社によって、料金が異なるため注意してください。複数の葬儀社を比較する場合は、セット料金だけではなく内訳もチェックしましょう。その理由としては、各社でプラン内容は異なるからです。

例えば、A社の基本セットに遺影写真が含まれていても、B社の基本セットには遺影写真が含まれていないなどのケースがあります。見積金額だけでプランを選んでしまうと、オプション料金が追加されていき、予算を超えてしまうなど予想外のトラブルを招きます。そのため、金額と内訳の両方を見て比較・検討しましょう。

コロナ禍での家族葬の費用の内訳

家族葬の費用は葬儀会社によって異なり、金額と内訳で比較することが大切だと述べました。実際に、葬儀費用には、何が含まれるのでしょうか?ここでは、家族葬の費用の内訳について解説します。

基本セット

基本セットは、葬儀に使用される棺や生花祭壇をはじめ、自宅に飾る遺影写真や後飾り祭壇などが含まれています。また、寝台車や運営スタッフの人件費も含まれています。しかし、葬儀会社によって、基本セットの内容は異なるため、何が含まれているかを確認しましょう。

宗教費用

宗教費用とは、通夜や告別式で読経をして頂く僧侶に対して支払うものです。読経料や戒名料だけではなく、交通費となるお車代や御膳料も含まれています。

故人の成仏を祈ってくださる僧侶に感謝の気持ちを込めて渡すもので、宗教費用をいくら渡すかは決められていません。全国の平均費用相場は30~60万円です。

宗教費用としていくら支払えば良いか迷ったときは、葬儀会社に相談してみましょう。

おもてなし費用

おもてなし費用とは、葬儀に参列してくださった方に渡す会葬返礼品や、葬儀の後に開かれる会食費をいいます。

御礼品の平均相場は、500円~1,000円です。持ち帰るときに嵩張らないコーヒーやハンカチが人気です。また、QUOカードなど金券を渡すケースも増えています。

会食費の平均相場は、お通夜の後に開かれる「通夜ぶるまい」が2,000円前後、告別式の後に開かれる「精神落とし」が5,000円前後です。アルコールを飲む人がいる場合は、多めに予算を見積っておきましょう。ただし、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、大人数での飲食は控えるようにしましょう。また、葬儀は新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインによって執り行われるので、分からないことや不安な点があった場合は葬儀会社に確認するようにするといいでしょう。

施設利用料

ご遺体の安置を自宅以外で行う場合の費用です。葬儀費用を安く抑えたい方は、ご遺体の安置場所を自宅にすると費用が抑えられます。また、施設利用料は、葬儀の基本セットに含まれていることもあります。そのため、基本セットに何が含まれているかを良く確認してみてください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。