葬儀の知識 記事一覧

葬儀のマナー
葬儀で時計をするのはマナー違反?ベルトの材質には注意が必要!

葬儀参列時、時計はアクセサリーとして見なされます。葬儀に参列するときに、時計をつけていてもマナー違反とはならないのでしょうか?マナー違反となる時計の種類などについて、わかりやすく解説します。 目次 葬儀で時計をつけるのは…

コロナ葬儀の流れ
コロナ感染者の自殺が急増!自殺者の葬儀の流れについて徹底解説!

新型コロナウイルスは猛威を振るい、自宅療養者は10万人を超えました。病院に入院できない不安やコロナハラスメント、肉体的・精神的負担により自殺する方も出てきています。 コロナ感染者が自殺した場合は、どのような葬儀が行われる…

コロナ葬儀のマナー
葬儀の挨拶方法とは?コロナ禍の葬儀参列時の「お悔やみの言葉」

コロナ禍中の葬儀に呼ばれた場合は、どのようなお悔やみの言葉を述べればよいのでしょうか?お悔やみの言葉は、適切なものを選ぶと丁寧な印象を与えられます。そのため、適切な挨拶方法を覚えておきましょう。この記事では、コロナ禍中の…

コロナ葬儀の流れ
【喪主側の疑問】コロナ禍でどのような葬儀を行うの?注意点まで解説

大切な家族との別れは突然訪れるものです。コロナ禍で葬儀の喪主を務めることになったら、葬儀の選び方、葬儀の進め方など不安を抱くことでしょう。この記事では、そのような不安を解消するためのコロナ禍の葬儀について詳しく解説します…

コロナ葬儀のマナー
コロナ禍の葬儀「自由参列」の流れとは?正しいマナーを覚えよう

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、自由参列と呼ばれる葬儀が増えています。葬儀の受付時間を分散させることにより、密集・密接が避けられるスタイルの葬儀です。 自由参列の葬儀に呼ばれた場合は、どのような流れになるか気にな…

コロナ葬儀のマナー
お悔やみの手紙とは?コロナ禍で葬儀に行けない場合は手紙を送ろう

コロナ禍の葬儀では、やむを得ない事情で葬儀に参列できない方がいます。例えば、持病をお持ちでコロナ感染症が重症化する恐れがある方は、葬儀の参列を辞退すべきでしょう。このような場合は、生前にお世話になった感謝の気持ちと哀悼の…

コロナ葬儀のマナー
コロナ禍ではお彼岸に帰省できるの?帰省時の注意点まで徹底解説

お彼岸の期間中にお墓参りをするのは、日本独自の風習です。実家に帰省する方もいるでしょう。しかし、コロナ禍ではお彼岸を理由に帰省してよいのでしょうか?この記事では、コロナ禍のお彼岸で帰省する際の注意点について詳しく解説しま…

葬儀の流れ
ディズニーランドで葬儀が行えるの?全てのゲストに魔法がかかる!

ディズニーランドでの結婚式に憧れている方は多いと思います。ディズニー好きの方は「人生の最期はディズニーで見送られたい」と思ったこともあるのではないでしょうか?実際にディズニーで葬儀は行えるのでしょうか?これらの疑問につい…

葬儀の費用
寺院葬の平均費用相場とは?通常の葬儀より約10万円の節約が可能!?

葬儀形式の選択肢の1つとして『寺院葬』があります。寺院葬であれば、格式の高い寺院で葬儀が行えます。それだけではなく、一般的な葬儀よりも葬儀費用が安く抑えられるケースがあります。一体、どの程度の葬儀費用が安くなるのでしょう…

葬儀のマナー
葬儀用のワイシャツの正しい選び方とは?よくある質問まで解説!

葬儀に参列する場合は、喪服を着用します。冠婚葬祭用に喪服を購入している方は多いです。 しかし、ワイシャツまで購入している男性は少ないです。多くの方がビジネスで着ているワイシャツを着用しています。しかし、どのようなワイシャ…

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。