葬儀の流れ

遺骨迎えとは?四十九日の法要まで祭壇に安置するための正しい手順

遺骨迎えとは?四十九日の法要まで祭壇に安置するための正しい手順

火葬場で受け取った遺骨は、四十九日の法要まで後飾り祭壇に祀ります。大切な故人様の遺骨を安置する際には、正しい手順を守りましょう。実際に、どのように祭壇に安置すれば良いのでしょうか?

この記事では、遺骨迎えの儀の正しい手順について分かりやすく解説します。

遺骨迎えとは

遺骨迎えとは、火葬場で荼毘(※1)された遺骨を自宅に設置した後飾り祭壇に安置することをいいます。後飾り祭壇は、故人様の魂が極楽浄土にいく四十九日法要まで祀る以外にも、弔問客がお参りする目的としても飾られます。

宗派によって、後飾り祭壇の飾り方は異なってくるのですが、仏飯・お水などは毎日取り替えて、お供え物も痛む前に、ご遺族で召し上がるようにするなどのルールが定められています。

(※1)荼毘:火葬を意味する仏教用語

ご遺骨の迎え方の手順

大切な故人様が極楽浄土に行けるように、正しいルールでご遺骨を迎え入れましょう。ここでは、ご遺骨の迎え方の手順について解説します。

後飾り祭壇を準備する

後飾り祭壇とは、故人が極楽浄土にいくまでの四十九日法要まで遺骨を安置する祭壇のことです。葬儀社側で準備をしてもらえるケースが多いです。また、火葬に参列しない方に頼んでおいて、後飾り祭壇を準備してもらうケースもあります。

火葬が終わり、自宅に戻ったタイミングで、後飾り祭壇を準備する方もいます。しかし、事前準備をしておくと、遺骨迎えの儀がスムーズに行えます。

火葬場で骨壺を受け取る

故人の遺体は、火葬場の火葬炉で火葬されます。灰にならない遺骨をご遺族が箸を使用して、すくい上げて骨壺に収めていきます。骨上げの手順は、係員から案内があるため、それに従うようにしましょう。

収骨ができたら、火葬場で埋葬許可証を受け取り自宅に戻ります。自宅に戻る際は、遺骨を抱えた喪主の両隣に位牌と遺影を持った身内が位置し、喪主を乗せた車を先頭にして自宅まで戻ります。

身を清めてから自宅に入る

ご自宅に到着した後は、塩と水で身を清めてから自宅の中に入ります。火葬場に行っていない方に背中を向けて塩をかけてもらう「清めの塩」、柄杓に組んだ水で両手を洗う「清めの手洗い」などで身を清めます。

遺骨迎えの儀を行う

ご遺骨、位牌、遺影を後飾り祭壇に飾りましょう。その後に、遺骨迎えの儀を行います。後飾り祭壇の前にご遺族や会葬者が集まり、僧侶に読経してもらいます。全員が焼香をして終わりです。遺骨迎えの儀を終えることで葬儀の終わりを意味します。その後に、精進落としを召し上がります。

遺骨迎えの儀=葬儀の終わり

今回は、遺骨迎えの儀の正しい手順をご紹介しました。故人様との突然の別れや、通夜式・告別式の準備などで、心の休まらない時間を過ごしてきたことと思います。遺骨迎えの儀を終えたら、四十九日法要まで、ご遺骨や遺影にゆっくりと語りかけて故人を偲んでください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。