葬儀

遺影写真の選び方
遺影写真の選び方

祭壇の中央に飾られる故人の遺影写真はどのような写真をえらぶのがいいのでしょうか?葬儀が終わった後に遺影写真はどのように処分する方法があるのかなどをまとめています。

配偶者が亡くなった場合は、苗字はどうなるの?
配偶者が亡くなった場合は、苗字はどうなるの?

日本では、夫婦別性についての議論が行われていますが、現在は、法律上夫婦別性は認められていません。そのため、夫婦のどちらかの姓に、必ず改姓しなければなりません。職場などでは、独自の運用で旧姓を使用できるように配慮されている…

葬儀社とのトラブル事例まとめ
葬儀社とのトラブル事例まとめ

葬儀における葬儀社とのトラブルは実は少なくありません。葬儀のスタイルそのものが違うことはほぼないものの、「料金が説明と異なる」「頼んでいないサービスの料金を請求された」など、年間で数百件以上のトラブルの報告があるのが現状…

音楽葬とは?定番の曲や音楽葬の流れについて解説!
音楽葬とは?定番の曲や音楽葬の流れについて解説!

宗教や慣習に影響されない自由な葬儀形式が増えています。読経ではなく音楽で故人を送るという音楽葬はどのような葬儀なのか?メリットやデメリットについてもまとめた記事になります。

葬儀の生前契約・予約ってできるの?生前契約をする方法とメリット
葬儀の生前契約・予約ってできるの?生前契約をする方法とメリット

葬儀は、一般的には誰かが亡くなった後に考慮しつつ、葬儀社に依頼し、内容が決定したら葬儀を行うイメージを持つ方が多いでしょう。 しかし、誰かが亡くなった後に、葬儀社をよく選定せずに依頼することでトラブルが起きることもありま…

葬儀に参列する時の持ち物まとめ
葬儀に参列する時の持ち物まとめ

葬儀に参列する場合、マナーも考慮したうえで荷物を持っていきます。しかし、「何を持っていけばいいの?」「失礼に当たらないように配慮したいけどマナーがわからない」と思うこともあるでしょう。 今回は、葬儀に参列する際の持ち物と…

葬儀のお手伝いの仕事内容
葬儀のお手伝いの仕事内容

受付や会計など親しい人の葬儀に参列したときにお手伝いを頼まれることもあるでしょう。この記事では葬儀のお手伝いの内容や、手伝ってもらった方へのお礼の渡し方などについてまとめた記事になります。

納棺師の仕事内容は?役割や納棺師のなり方とは?
納棺師の仕事内容は?役割や納棺師のなり方とは?

あまり知られていなかった納棺師という仕事です。しかし映画「おくりびと」でクローズアップされると、一躍注目を浴びることになりました。納棺師とは、どのような役割を持ち、どのような仕事をするのでしょうか?当記事では、納棺師の役…

葬儀社の選び方 10のポイント
葬儀社の選び方 10のポイント

葬儀は人生で何回も行うものではありませんので、葬儀をいざ依頼するとなっても「どのような葬儀社に依頼すればいいかわからない」という方が多いのではないでしょうか? このページでは、葬儀社の選び方、葬儀社の種類、葬儀社に相談す…

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

電話をかける
無料資料請求をする
Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

葬儀時の会社への連絡方法と忌引き休暇の申請の仕方
葬儀のマナー

葬儀時の会社への連絡方法と忌引き休暇の申請の仕方

遺影写真の選び方
葬儀

遺影写真の選び方

葬儀の案内・連絡方法まとめ!訃報、挨拶状から喪中はがきまで
葬儀のマナー

葬儀の案内・連絡方法まとめ!訃報、挨拶状から喪中はがきまで

葬儀や法要での正しい供物の送り方
葬儀のマナー

葬儀や法要での正しい供物の送り方

葬儀のお花のマナーまとめ【供花・枕花・献花・花輪】
葬儀のマナー

葬儀のお花のマナーまとめ【供花・枕花・献花・花輪】

突然の葬儀。弔電の送り方、マナーや料金のまとめ
葬儀のマナー

突然の葬儀。弔電の送り方、マナーや料金のまとめ

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長
コンシェルジュ室 室長 あおき
最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。