供養
葬儀のマナー

葬儀が終わった後に香典は渡せる?弔問方法について詳しく解説!

葬儀が終わった後に香典は渡せる?弔問方法について詳しく解説!

近頃は、家族や友人だけで行われる小規模の葬儀が選ばれるようになりました。その結果、葬儀が終わった後に訃報の知らせが入ることがあります。

このような場合、香典を渡した方がよいのでしょうか?どのように香典を渡すべきなのでしょうか?この記事では、葬儀が終わった後に香典を渡す方法について分かりやすく解説します。

葬儀が終わった後に香典を渡す方法

葬儀が終わった後に訃報を聞いたら、どのように香典を渡せばよいのでしょうか?ここでは、香典の渡し方について解説します。

1.弔問の日程調整をする

まずは、喪主に連絡を入れて弔問したい旨を伝えましょう。喪主やご遺族の都合を尊重してあげてください。弔問は葬儀後3日空けた頃から四十九日法要までにしておきましょう。

2.準備をする

弔問の日程が決まったら、香典と服装の準備をします。

・香典

故人様との関係性を考慮した金額の香典を用意します。友人であれば1万円、近所や会社関係者の方であれば0.5万円が平均相場です。

水引が結び切りで黒白の香典袋を選んで、表書きと裏書きをして現金を包んでください。表書きは宗教・宗派によって異なります。下にフルネームを書きましょう。裏面には住所と金額を旧字体の漢数字で書きます。

その後に旧札を用意して、すすり泣いているように肖像画が下に来るように現金を入れましょう。

仏式

御霊前(※四十九日法要後は御仏前になる)

神式

御榊料、御玉串料

キリスト教式

御花料、御ミサ料

・服装

弔問時は喪服である必要はなく、平服で構いません。黒色や紺色、灰色などの地味な色のスーツやアンサンブルを着用してください。アクセサリーなど光沢のあるものは身に付けるのは控えてください。また、数珠も忘れずに用意しておきましょう。

3.弔問する

まずは、お悔やみの言葉(この度は、ご愁傷様です)を簡単に述べます。その後に、お焼香に誘導されるので、故人様に挨拶をしましょう。

【焼香の流れ】

1 仏壇の前に座って一礼をする
2 ご遺族に一礼する
3 遺影に一礼する
4 ろうそくの火で線香に火をつける
5 線香の火を手で仰いで消す
6 線香を香炉に立てる
7 合掌する
8 遺影に一礼する
9 ご遺族に一礼する

その後に、喪主やご遺族の方に「ご香典を渡しても宜しいでしょうか?」とお伝えして、仏前に供えます。

葬儀が終わった後の香典の渡し方Q&A

葬儀が終わった後の香典の渡し方で、よくある質問をご紹介します。

Q.香典辞退をしている場合の対処法は?

喪主が香典辞退をしている場合は、香典を渡すのは控えてください。親しい人に葬儀費用の相互扶助の目的で香典を渡したくなるものですが、相手にとっては迷惑です。香典返しの手配の手間を省き、故人様を偲びたいという想いから香典辞退しています。そのため、喪主やご遺族の気持ちを尊重しましょう。

香典辞退をしている場合は、お悔やみの手紙を送ってあげてください。また、供物や供花を送る場合には香典返しは不要であることを伝えましょう。

Q.遠方で弔問できない場合の対処法は?

遠方で弔問ができない場合には、香典を現金書留で送りましょう。現金書留の封筒に現金を入れるのではなく、香典袋に現金を包んでください。現金書留の封筒に香典袋ごと入れて送ります。

現金書留は届け先の距離によって異なりますが、3日程度で宛先に届きます。

Q.弔問時に注意しなければいけないことは?

弔問は手短に済ませましょう。喪主やご遺族は、他の弔問者の対応や葬儀後の各種手続きなど慌ただしくしています。そのため、日程調整をしてくれたとしても、長居するのは控えてください。

葬儀が終わった後でも香典は渡しましょう

葬儀が終わった後でも、生前にお世話になった故人様にお別れの挨拶をしましょう。弔問することで、故人様に感謝の気持ちを伝えられるだけではなく、ご遺族の悲しみを和らげることができます。

しかし、葬儀マナーを守らなければ、相手の迷惑になりかねません。そのため、正しい手順を把握して弔問をしてみてくださいね。

関連する記事
Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。