葬儀のマナー

葬場祭の席次の座り方とは?葬儀の流れまでまとめ解説!

葬場祭の席次の座り方とは?葬儀の流れまでまとめ解説!

葬儀の席次は、故人と縁が深い人から順番に並ぶように決められています。神式の場合も基本的な席次の考え方は同じです。しかし、仏式とは少し異なる点もあります。この記事では神式の葬儀(葬場祭)の席次や式の流れについてわかりやすく解説しています。

葬場祭とは

葬場祭とは、神道で行われる葬儀形式のことです。仏教の葬儀ならば、自宅や寺、斎場などで行われます。神道では「死は穢れ」として忌み嫌われるので、神社で葬儀を行うことはなく、自宅か斎場が葬儀会場になることが多いです。

神道の葬儀は、2日に渡り行われるものです。1日目は通夜祭、これは、仏教で言う「通夜の儀式」、2日目が「葬場祭」、これらが告別式にあたります。通夜祭、葬場祭ともに、神職が壇上にあがり祝詞を奏上します。

葬場祭の席次

葬場祭の席次は、故人と最も関係の深い人が前列に座ります。その後、関係の深さの順に列を埋めていきましょう。一番関係の深いのは喪主になるため、前列には喪主と遺族が座ります。

中央に、神職が入退場をするための通路を開けて、右と左に席を分けます。

祭壇に向かって、右側は、喪主や遺族、親族の席で、左側は友人や知人、世話役の席になります。仏教式と違うのは、左側の最前列に、雅楽を演奏するための楽員の席があるところです。右側の最前列には斎主と斎員の席があります。

葬場祭の流れ

葬儀祭は、以下ののような流れで行われます。

一同手水の儀

儀式の前に身を清めるため、葬儀場の入り口で、参列者は手を洗い、口を漱ぎます。

斎主の入場

参列者が席についた後、中央の通路を通って神職が入場します。

修祓の儀

斎主が大幣(おおぬさ)を使って、斎場・棺・参列者などを祓い清めます。参列者は起立して頭を深く下げます。

献饌の儀(けんせんのぎ)

斎主がお神酒の入った水器の蓋をとり、神前にお供えをします。

祭詞奉上

斎主が祭詞を奏上します。祭詞の中には、故人の人柄や経歴、人となりなどが盛り込まれたものになります。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

参列者が玉串を順番にお供えします。焼香と同じく、関係の深い、喪主→遺族→親族→知人の順になります。

撤饌の儀(てっせんのぎ)

献饌の儀でお供えした水器の蓋を閉じて、檀上から下げます。

神職の退場

神職が葬儀場から退場します。

弔電奉読

葬儀場に届いた弔電を読み上げます。弔電の数が多い場合は、いくつか読み上げた後は、名前だけを読み上げます。

お花入れの儀

故人との最後の別れとなります。故人の周りに集まり、順番に棺に花を入れます。全員の花入れが終わり、故人とのお別れが済んだら、棺の蓋を閉じます。

喪主挨拶

出棺の前に喪主が挨拶を行います。

出棺

遺族と親族の手によって棺が持ち上げられ、霊柩車に運ばれたあと火葬場に向かいます。

関連する記事
Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。