葬儀の流れ

夫婦別のお墓に入れるの?夫婦別のお墓に入るための方法を徹底解説!

夫婦別のお墓に入れるの?夫婦別のお墓に入るための方法を徹底解説!

全ての家庭が夫婦円満ではありません。3組に1組が離婚をする時代です。家庭の中には「死んだ後も夫婦で同じお墓に入りたくない…」という夫婦もいるでしょう。このような場合に、夫婦別のお墓を希望する方がいます。

夫婦別のお墓に入ることはできるのでしょうか?ここでは、夫婦別のお墓に入る方法について分かりやすく解説します。

夫婦別の墓に入れるのか

結論から説明すると、夫婦別の墓に入ることはできます。妻が夫の家の墓に入るという法律は存在しません。遺骨を埋葬する方法についての法律は定められていますが、これらの法律を守れば、基本的にどこのお墓に入れてもよいのです。

お経には「般若心経」という考えがあり、そこでは「捉われない心」を教えています。この教えの通り、自分の埋葬方法は選ぶことができるのです。そのため、夫婦別のお墓に入ることができます。

夫婦別のお墓に入る方法

夫婦別のお墓に入るためには、生前に準備をしておかなければいけません。どのような準備が必要になるのでしょうか?ここでは、夫婦別のお墓に入る方法をご紹介します。

生前に権利者と話し合っておく

夫婦別のお墓に入りたいと希望する奥様の中には「実家のお墓に入りたい…」と希望する方も多いです。実家のお墓に納骨してもらう場合は、権利者の承諾が必要です。実家のお墓を管理している権利者に、一緒に納骨して欲しいと伝えます。もしくは、自分専用のお墓を購入します。

自分専用のお墓を購入する

お墓を引き継ぐ人がいない場合や、ご遺族に負担をかけたくない場合には、寺院に管理してもらえる永代供養墓がおすすめです。納骨堂や樹木葬、合祀墓など、さまざまな永代供養墓が登場しています。どのようなお墓を選ぶかによって異なりますが、購入資金として30万円~150万円ほど必要となります。

ご遺族に理解してもらう

自分専用の墓を購入しても、ご遺族に納骨を依頼しなければいけません。そのため、子どもや親戚、友人に別のお墓に入る旨を伝える必要があります。理解してもらって、自分自身の遺骨を納骨して欲しいとお願いしておきましょう。

また、お墓参りが大変になったり、維持費の負担が大きくなったりします。そのことに関しても同意を得るようにしましょう。

夫婦別のお墓に入る場合の注意点

夫婦別のお墓に入ることができますが、気をつけなければいけないことがあります。ここでは、夫婦別のお墓に入る場合の注意点をご紹介します。

遺族の負担を考える

夫婦別のお墓に入ると、ご遺族の負担が増えます。別の場所にお墓があると、お墓参りに行くのが大変になります。また、お墓の管理費が修理費の負担も増えることを理解しておかなければいけません。自分自身のお墓を子どもに引き継ぐことを考えている方は、承諾を得ておきましょう。

お墓の費用がかかる

自分専用のお墓を購入する場合には、費用がかかります。お墓を建てる場合は「墓石代」「墓地代」「年間管理費」がかかり、平均相場は150万円程度です。近頃は、永代供養墓として納骨堂や樹木葬を希望する方も増えており、低価格のプランであれば30万円程度のものがあります。

どのようなお墓を選ぶかで、費用相場は変動しますが、お墓の購入費用がかかるので用意しておきましょう。

お墓を探す手間がかかる

自分専用のお墓を探す場合は、手間がかかります。さまざまなお墓が登場しているので、迷ってしまうかもしれません。また、ご遺族の同意を得る必要もあります。夫婦で同じお墓に入るよりも、手間と労力がかかるので気をつけましょう。

夫婦別のお墓を選ぶときは同意を得ましょう

自分が入るお墓は自由に選べる時代となりました。そのため、生前整理として自分のお墓について考えてみましょう。しかし、夫婦別のお墓に入るとご遺族に負担をかけてしまうかもしれません。それらを考慮して、どうするべきかを考えましょう。

また、夫婦別のお墓にする場合は、周囲の同意を得てからにしてください。トラブルを防ぎながら、理想の埋葬方法を選んでみてくださいね。

関連する記事
Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。