コロナ

コロナ禍で一般葬で葬儀をすると費用はどれくらい?

コロナ禍で一般葬で葬儀をすると費用はどれくらい?

新型コロナウイルスが世界的な感染拡大を見せ、緊急事態宣言がまたも発令となった2021年。生活様式の急激な変化に合わせ、「必要急」である葬儀も直葬や家族葬、一日葬とさまざまな形式で行われるようになりました。しかし、通夜・告別式を行う一般葬は、多くのご遺族が選択しています。コロナ禍で一般葬を行うと、費用はどのくらいかかるものなのでしょうか?

一般葬は緊急事態宣言下では減少したものの、コロナ禍でも多く行われている

鎌倉新書が2020年9月に行った調査によると、コロナ禍でも約半数の喪主が一般葬を選択していたとのこと。
緊急事態宣言下では減少したものの、都市部のように感染者数が急激に増大していない県では一般葬を行うケースも多かったようです。

通夜ぶるまいとともに、故人を悼み、告別式を行い、出棺して火葬場へ。手順に則って故人をお見送りしたいという思いは根強いということでしょう

一般葬の費用相場は120~130万円前後。コロナ禍ならではのトラブルも

全国平均では121万円と言われる葬儀費用。ただ、一般葬の場合、規模によって値段が大きく変わります。参列者が50人の場合・100人の場合では当然金額は違いますし、またお布施など「宗教的費用」を含める・含めないによってもグッと変化してしまいます。
葬儀コンシェルでご提案している「定額プラン」では一般葬は税込み575,300円です。
(資料請求割引適用後価格)

コロナ禍で各葬儀社はガイドラインに従った葬儀を行っていますが、多少の変動はあれど、「コロナ禍の影響で金額を大きく変更する」と掲げている葬儀社はない印象です。
ただ、中には密を避けるため、少人数でも広い会場しか提供できないからと請求が高額になったというケースも。東京都消費生活総合センターも事例付きで注意を促しています。
葬儀の打ち合わせはひとりで行わず、複数出席すると安心です。

葬儀社を手配する折、複数社の見積りを検討することは非常に大切。コロナ禍でその重要性はさらに増したと言えます。悪徳業者は見積書を出すことを嫌がる傾向があるので、詐欺被害防止のためにも、必ず見積書は確認しましょう。

コロナ禍で会食を「持ち帰り」に変更する葬儀社も

通夜では「通夜ぶるまい」告別式では「精進落とし」、葬儀における会食は故人を悼む大切な時間でもあります。しかし、新型コロナウイルスの影響で、会食を中止する葬儀も増加しています。葬儀社では、折詰など、参列者が持ち帰れる形で配ることをおすすめしています。

オンラインを利用した葬儀参列も増えている

コロナ禍で一気に進んだオンライン化。葬儀でもオンラインでの参列する機会がぐんと増えました。主に遠方の親戚がスマートフォンで通話をつなぐといった方法が取られています。しかし、中にはカメラ等の機材を持ち込んだ、本格的なオンライン葬儀を提案する葬儀社も増えてきています。この場合の費用相場は各社異なりますので、オンラインでの一般葬を検討している場合は、一度葬儀社にご相談ください。

葬儀社は葬儀のパートナー。コロナ禍だからこそ相談を

故人への悲しみの中葬儀を行わねばならない遺族にとって、さらなる負担となってしまうコロナ禍。このような状況は誰も予想していなかったことであり、未だ試行錯誤のさなかです。だからこそ、葬儀社がパートナーとなり、手助けとなってくれるはず。悪徳な業者には十分ご注意の上、より良い一般葬となるよう、信頼できる葬儀社をご活用ください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。