コロナ
家族葬の費用

コロナ禍で自宅家族葬の葬儀を行うにはどれくらい必要?余分な費用はかかるの?

コロナ禍で自宅家族葬の葬儀を行うにはどれくらい必要?余分な費用はかかるの?

新型コロナウイルスはいまだ収まりを見せず、変異株のように日々新たな困難が生まれている状況です。ストレスや不安にさらされる中、葬儀は突然やってくる「必要急」。せめて慣れ親しんだ場所で見送ってあげたいと「自宅家族葬」を選んだ場合、どれくらい費用がかかるものなのでしょうか。

自宅家族葬は葬儀社を通さないで行う場合も

故人の自宅で通夜・告別式を行い、火葬場へ出棺する。こうした「自宅家族葬」はかつてはポピュラーなものでした。近年その割合はぐんと減り、一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会の調査によると、2011年以降は4%台まで減少しています。
今は自宅家族葬でも葬儀社にお願いすることがほとんどですが、昔のように、近所の人や親戚の協力のもと、自力で葬儀を行うことも可能です。

棺やドライアイス、火葬の代金など葬儀に必要な物品の費用はおよそ10万円以内におさまりますが、すべて自分たちで行わなければなりません。感染予防対策もすべて自己責任において配慮する必要があります。

コロナ禍で自宅家族葬を行う場合の費用相場

葬儀社に依頼する場合、費用相場はおよそ40万円です。葬儀コンシェルの「定額プラン」で自宅家族葬は税込みで377,300円(資料請求割引後価格)でご案内しています。

葬儀業は、2020年から独自に定められた「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」にしたがって葬儀を行っています。自宅家族葬でも、感染予防対策は必須です。ご遺族の精神的な負担のことも考えると、費用がかかったとしても、プロの手に委ねてしまったほうが良いのではないでしょうか。

感染予防対策に部屋のスペースが必要

自宅家族葬を行うためには、祭壇を設置し、棺を安置できる場所が必要であり、一般的には6~8畳の広さがあれば行えるようです。また、棺が入り口・エレベーターから出入りできるかも重要なポイント。

コロナ禍では、部屋の換気と、密集を避けることが必要不可欠です。そのため、参列者の席の間を空けるよう、普段よりもスペースを多く取らねばなりません。その広さがない場合は、参列者の弔問する時間を決めておくなど、密を避ける工夫が大切になります。

コロナ禍でも自宅家族葬は行える!各葬儀社にまずは相談を

自宅家族葬は慣れ親しんだ場所で、故人とゆかりの深い人々とご遺族が、ゆっくりとお別れできることが大きな魅力です。コロナ禍でいかに生活様式が変わろうと、故人を弔う気持ちが変わりません。前述の通り、自宅家族葬を自力で行うのはかなりの重労働。ぜひ、葬儀社に相談をしてみてください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。