葬儀の流れ

プロテスタントでは通夜は行われる?前夜式の流れについて徹底解説

プロテスタントでは通夜は行われる?前夜式の流れについて徹底解説

キリスト教は、カトリック系とプロテスタント系に大きく分類できます。プロテスタント系は、キリスト教徒者ではない方の葬儀にも対応してくれるなど、柔軟性に富んでいることが大きな特徴です。

通夜には、前夜式が開催されるのですが、どのような流れで行われるのでしょうか?この記事では、前夜式の流れについて分かりやすく解説します。

プロテスタントの通夜「前夜式」の流れ

前夜式は、牧師を招いて行われます。讃美歌合唱、聖書朗読が行われた後に、牧師が主に祈りを捧げます。その後に、再び讃美歌合唱をして、牧師による死についての説教や、故人を偲んで人柄などについて説明する感話を聞きます。

最後に、順番(牧師・喪主・ご遺族・参列者)に沿って献花を行い、喪主挨拶をして前夜式は終わりです。牧師とご遺族での茶和会と葬儀の打ち合わせが行われますが、参列者は帰宅します。

【前夜式の流れ】
1. 讃美歌合唱
2. 聖書朗読
3. 通夜の祈り
4. 讃美歌合唱
5. 説教と感話
6. 献花
7. 喪主挨拶
8. 茶話会
9. 葬儀の打ち合わせ

プロテスタントの前夜式に関してよくある質問

初めてプロテスタントの前夜式に参列する場合は、不安に感じるものです。参列者は、どのような疑問を抱いているのでしょうか?ここでは、プロテスタントの前夜式に関してよくある質問をご紹介します。

Q.前夜式にふさわしい服装とは、どのような服装ですか?
略式礼服である喪服が好ましいです。生地は黒色で、光沢素材がないものを選びましょう。結婚指輪以外のアクセサリーは外します。また、ハンカチなどの小物類も黒色で統一するようにしましょう。

Q.讃美歌が分からない場合はどうすればいいですか?
キリスト教の儀式に参列した経験がなく、讃美歌が分からないと不安に感じる方は多いです。しかし、教会で歌詞カードが配布されます。歌詞カードを見ながら、積極的に讃美歌合唱に参加をするようにしましょう。

Q.プロテスタントの前夜式に参加する前に準備するものはありますか?
キリスト教のプロテスタントの前夜式は、一般的な通夜式に該当します。そのため、ご香典を用意する必要があります。プロテスタントの儀式の場合は、不祝儀袋に「御花料」と書くので注意してください。包む金額は、故人との関係性で変動します。

故人との関係性

平均相場

両親

5万円~10万円

兄弟・姉妹

3万円~5万円

祖父母

1万円~3万円

ご近所の方

0.3万円~1万円

会社関係者

0.3万円~1万円

友人

0.3万円~1万円

プロテスタントの前夜式の流れを覚えておこう

今回は、プロテスタントの前夜式の流れについて解説しました。初めて前夜式に参列をする方は不安に感じてしまいますが、基本的な流れを覚えておけば問題なく参列できます。

また、前夜式の服装や香典の平均相場についても解説したため、ぜひ、この記事を参考にして、参列の準備をしてみてください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。