葬儀の流れ

キリスト教のカトリック系で通夜は行われる?通夜の集いの流れを解説

キリスト教のカトリック系で通夜は行われる?通夜の集いの流れを解説

キリスト教は、大きくカトリック系とプロテスタント系に分類できます。プロテスタント系は比較的自由ですが、カトリック系は厳しくルールが定められています。バチカン法王を頂点とし、教会での儀式を行うことが大切だと言われており、厳しくルールが定められいるので気をつけましょう。カトリックの通夜の集いに参加する場合は、正しい手順やマナーを覚えておけば安心です。この記事では、通夜の集いの流れについて分かりやすく解説します。

カトリックの通夜の集いとは

聖歌合唱や聖歌朗読を参加者全員で行い、神父による説教の後に全員で祈りを捧げて、献花を捧げます。仏式の通夜のように通夜振る舞いはなく、神父と身内だけの茶話会が開かれるため、参加者は喪主挨拶の後に帰宅します。聖歌合唱や聖書朗読は、キリスト教徒者ではないと分からないかもしれませんが、印刷された紙を渡してもらえることが多いです。聖歌・聖書が分からない場合は、無理して歌ったり、読み上げたりする必要はありません。

【カトリックの通夜の集い】
1. 聖歌合唱
2. 聖書朗読
3. 神父の説教
4. 通夜の祈り
5. 献花
6. 喪主挨拶
7. 茶話会
8. 葬儀の打ち合わせ

カトリックの通夜の集いでよくある質問

キリスト教徒者ではない場合は、通夜の集いで何が行われるか不安になるものです。故人やご遺族のためにも、失礼がないようにしましょう。ここでは、カトリックの通夜の集いでよくある質問をご紹介します。

Q.通夜の集いにおける服装は?

基本的には、仏式の葬儀の服装と変わりはありません。黒の礼服や喪服を着用して参加をしましょう。ハンカチなどの小物も黒色を選び、結婚指輪以外のアクセサリーは極力避けましょう。

Q.聖歌が歌えない場合はどうすればよいですか?

通夜の集いでは、聖歌合唱があります。聖歌合唱への参加は強制ではないため、無理をして歌う必要はありません。しかし、聖歌の歌詞が記載された紙が配布されたら、可能な限り聖歌合唱に参加をするようにしましょう。

Q.ご香典は必要ですか?いくら包めばよいですか?

カトリックの通夜の集いでも、ご香典を用意する必要があります。仏式の通夜式とは異なり、カトリックの場合は「御花料」です。故人との立場で、御花料の金額は変動します。下記の平均相場を参考にしてみてください。

 

故人との関係性

平均相場

両親

5万円~10万円

兄弟姉妹

3万円~5万円

祖父母

1万円~3万円

ご近所の方

0.3万円~1万円

会社関係者

0.3万円~1万円

友人

0.3万円~1万円

カトリックの通夜の集いについて理解をしましょう

キリスト教徒者ではなければ、通夜の集いのマナーが分からないかもしれません。キリスト教の中でも、カトリック系は厳しくルールが定められているため、通夜の集いに参加する前に儀式の流れやマナーを理解しておきましょう。この記事では、通夜の集いに関してよくある質問をご紹介しているので、ぜひ、参考にしてみてください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。