コロナ
直葬

コロナ禍、直葬で葬儀を行う場合の費用はどのくらい?相場と一般的な流れ

コロナ禍、直葬で葬儀を行う場合の費用はどのくらい?相場と一般的な流れ

新型コロナウイルスの世界的な流行で、一般葬を避け、「直葬」で葬儀を行うご遺族も増えてきました。直葬とは、納棺後に通夜・告別式を行わず、火葬をする葬儀形式です。以前は経済的事情で選ばれることが多かった直葬。費用はどのくらいかかるものなのでしょうか?

コロナ禍で注目された「直葬」の一般的な流れ

1.ご臨終と納棺・安置

ご臨終を迎えたのち、清拭・着替えやエンゼルケアなどを行い、納棺となります。ここまでは通常の葬儀と変わりません。現在の法律では、ご臨終から24時間以上経たないと火葬はできません。そのため、病院の霊安室かご自宅など、安置する場所が必要になります。

なお、故人の死因が新型コロナウイルスであった場合、接触感染を防ぐべく、特別な措置を施されます。 リンク

2..葬儀社の手配・打ち合わせ

直葬だとしても、葬儀社を手配することが基本です。費用の見積もりを行い、どのようにお見送りするか打ち合わせましょう。お身内以外を招く場合はこの時に連絡します。
納骨を受諾してくれないというトラブルを防ぐため、菩提寺がある場合、直葬でも可能かどうか事前に相談しておきましょう。

3.出棺・火葬場へ

霊柩車に棺をお乗せし、遺族が火葬場へと向かいます。コロナ禍では搬送の車に同乗できない可能性がありますので、車の手配や交通手段を確認しておくと安心です。
僧侶に読経してもらう場合、火葬の寸前に火葬場で行うことが多いようです。短い時間ですが、ここが故人との最期のお別れとなります。

費用相場はどのくらい?葬儀社の見積もりは必ず確認を

直葬の費用はインターネットで見る限りでも15万~25万、45万程度とさまざまです。やはり他の葬儀に比べると、費用がかかりません。最近では定額プランを打ち出している葬儀社もありますので、比較検討してみることをおすすめします。
読経をお願いすると、葬儀社とは別に僧侶へのお布施が別途必要です。
また、コロナ禍では感染予防対策を講じるため、オプションの費用が含まれる場合も。不要なオプションにより高額になるというトラブルも起きているので、見積もりは必ず確認するようにしましょう。

直葬は今後ますます増える?関係者へのフォローが大切

直葬は時間も費用も少なくて済むため、遺族の負担を軽減できる葬儀形式です。ただ、遺族以外はほとんど最期のお別れを言えないだけに、故人の関係者が「参列したかった」と不満・無念に思うケースも。弔問を受け付ける、もしくは手紙での挨拶状を送付するなど、フォローするとトラブルを防げます。

コロナ禍で選ばれる機会が多くなった直葬ですが、ひとつの選択肢として、直葬は今後ますます増えていくかもしれません。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。