コロナ
直葬

コロナ禍での葬儀を「直葬」で行うメリット!直葬は感染リスクを最低限にする葬儀方式

コロナ禍での葬儀を「直葬」で行うメリット!直葬は感染リスクを最低限にする葬儀方式

新型コロナウイルスが世界中に猛威をふるい、我々の生活にはさまざまな制限がかかるようになりました。緊急事態宣言下でも「必要急」とされた葬儀ですが、感染予防対策を講じた葬儀が主流となっています。

その中で、そもそも式を行わない、「直葬」を選ぶご遺族も増えてきました。

火葬場へそのまま向かう「直葬」 密葬と呼ばれることも

「直葬」とは、ご遺体を納棺後、通夜・告別式を行わず、直接火葬場へと向かう葬儀方式です。

納棺までは一般的な葬儀と同じであり、出棺時や火葬場で僧侶による読経が行われるというケースが多いようです。

直葬は人数を最小限に抑え、一般葬よりも時間を短縮できます。当然費用も抑えられるので、遺族への負担が少なくて済む葬儀様式といえます。

大々的な葬儀ではないため、「密葬」、または「火葬式」と呼ばれることもあります。

「直葬」がコロナ禍で選ばれているのはなぜか

1. 「密」を避けた葬儀形態

コロナ禍の葬儀においてもっとも不安要素となるのは人の密集、いわゆる「三密」です。直葬は参列者を招かずに遺族のみで行えますので、人数を絞り、密を避けることが可能です。

遺族に高齢者がいて参列させたいが、重篤リスクを避けたい……という場合も、直葬ならば参列しやすくなります。

2. 一般葬に比べ時間を短縮できる

コロナ禍では特に、長時間の外出は体力・精神を非常に消耗します。濃厚接触者を出すリスク・感染リスクの軽減という観点からも、短時間の直葬は好まれているようです。

3. 葬儀費用を抑えられる

コロナ禍で人数を制限した結果、香典費用が少なくなり、費用負担が大きくなるという事態も起こっています。

またコロナの影響で家庭の経済事情が変化し、やむを得ず葬式費用を軽減したいという場合も、直葬ならば、費用を抑えることが可能です。

4. 遺族の精神的・体力的負担の軽減

家族が亡くなるという現実に向き合う中で、葬儀の手配をするのはなかなか大変なものです。さらに今、常につきまとう、自分たちが新型コロナウイルスに感染するかもしれないという不安。自覚している以上に負担となっているはずです。直葬はそういった感染リスクを最低限に抑えることができる葬儀です。

故人の関係者とのやり取りだけは「密」に

直葬は新型コロナウイルスで注目された葬儀形式であり、感染リスクを軽減することができます。

しかし、故人とお別れする場がなくなってしまうともいえるので、そのぶん、故人と縁あった人々へ、きちんと連絡をすることが大切となります。

このご時世なので直葬で行ったことを告知し、後日お別れの会を設ける予定である、弔問したい場合は個別に来てほしいなど、要望と予定を伝えるとスムーズです。

たとえ生活様式が一変しても悲しみはコロナ禍でも変わりません。気持ちの分かち合いだけは「密」にしても良いのではないでしょうか。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。