コロナ

コロナ禍でも安全に一般葬を行うために注意すべき5つの重点ポイント

コロナ禍でも安全に一般葬を行うために注意すべき5つの重点ポイント

新型コロナウイルスは収束の気配を見せず、私達は苦境に立たされたままです。「必要急」である葬儀。現在はさまざまな工夫のもとに行われています。

一日で葬儀を済ませる「一日葬」、葬儀を行わない「直葬」を選択するケースも増えていますが、やはり通夜と告別式、二日間の「一般葬」で見送りたいというご要望もあります。コロナ禍で一般葬を行うには、どんな点に気をつければ良いのでしょうか?

コロナ禍でも一般葬を行っても問題ない

前提として、一般葬を行うことに関して強迫観念を抱いたり、逆に罪悪感を抱いたりする必要はないことを覚えておきましょう。葬儀は故人との最期のお別れの場であり、気持ちの整理を行う大切なもの。感染リスクをできる限り排除すれば、コロナ禍でも一般葬を執り行うことは可能です。

コロナ禍の一般葬で心がけたい5つのポイント

神経質になりすぎると精神的な負担が大きくなります。十分に配慮して滞りなく葬儀を行うために、喪主・ご遺族は、主な5つのポイントに気をつけましょう。

1.感染症ガイドラインに則っている葬儀社を選ぶ

各葬儀社は、葬儀業「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」 に則った葬儀を行っています。消毒液の設置や換気の徹底、マスク着用での勤務など、感染予防策を徹底して行う葬儀社も多いので、不安ならば打ち合わせのときに確認しておきましょう

2.人数を制限して行い、短時間に

一般葬でも、参列者の人数は絞ったほうが感染リスクを軽減できます。また、長時間の式は避けたほうが安全です。参列者の訪問を時間を決めて入れ替わり制にする、通夜・告別式どちらかのみの参列をお願いする、会食を持ち帰りにするなど、さまざまな方法が可能です。

3.手洗い・うがい、消毒ほか、予防策を徹底する

喪主・遺族が新型コロナウイルスに感染してしまっては大変です。こまめな手洗いうがい、消毒、マスクの着用、参列者との会話をしすぎないなど、すべてが完了するまで対策を徹底しましょう。

4.感染の疑いがある人は参列を控える

参列者に、案内状を送付する際、濃厚接触者となった方、体調の悪い方は参列を控えてらうように断りを入れておくことも大事です。また、それは遺族も同様。熱がある、咳が出るなど、新型コロナウイルスの疑いがある症状が出ている人は、参列を避けておきましょう。

5.参列できなかった人へのフォローを忘れずに

高齢者は、感染後の重篤リスクが高いと言われているため、参列を控えたほうが良いとされています。また、遠方である、濃厚接触者になってしまったなど、やむを得ない事情で参列できない方へのフォローを忘れずに行いましょう。後日、弔問できるようにする、またはお別れの会を計画するなどの方法も検討してみてください。故人への思いやりにもつながります。

最期のお別れを後悔なく行うために

故人とのお別れは、どんな状況下でもつらいもの。「さようなら」を後悔なく伝えるため、コロナ禍では感染予防対策の徹底が非常に重要です。

参列者だけではなく、喪主、遺族、全員の感染リスクを軽減した一般葬を行うべく、葬儀社と連携し、当日は指示に従いましょう。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。