コロナ
葬儀の流れ

コロナ禍の葬儀では「密葬」を選ぶ人が急増?家族葬との違いはある?

2021年、未だに新型コロナウイルスの猛威はおさまらず、4度目の緊急事態宣言の発令が続く事態となりました。昨年は「そもそも葬儀を行って良いものか」と悩むご遺族も見受けられました。誰も正解がわからない中、葬儀の形も大きく変化。ここ最近では「密葬」で行われるケースが増えています。

「密葬」=コッソリと行う葬儀のイメージがあった

「密葬」は「ひそやか」のイメージに引っ張られてか、コッソリと行う葬儀と誤解されていることがありました。葬儀社などでは、遺族と故人と親しい人々で行う葬儀と定義されています。この「親しい人々」の人数には実は規定がありません。そのため、1人~100人程度まで幅広いので、密葬と言っても大規模で行う場合もあります。

「密葬」は本葬前の葬儀というわけでもない

社葬やお別れの会といった、「本葬」の前に少人数で行う葬儀と説明されることもありましたが、本来はそのような意味ではありません。あくまで、故人と関係の深い人々で見送る葬儀ですので、社葬でも密葬にあたるケースも当然存在します。

コロナ禍で急増。実情は「家族葬」とあまり変わらない

実は、密葬は「家族葬」とほとんど意味としては同じです。どちらも広く人を呼ばない葬儀であり、その定義や人数は、喪主・遺族判断に委ねられています。

今はコロナ禍で人数制限をした葬儀が主流。不要不急にあたらないとはいえ、感染リスクを減らし、不安をできる限り取り除きたい。そんな要望から、密葬を選択するご遺族はぐっと増えました。

「密葬」で気をつけるポイントは連絡を密に

密葬を行うにあたって、どうしても「呼ぶ」「呼ばない」の境界線が生じてしまいます。故人の関係者がショックを受けてしまい、トラブルに発展する可能性も。

「このような時期なので近親者のみで行うことにいたしました」と予め伝え、弔問を受け付けたり、後日お別れの会を予定していたりする場合はその旨告知するとスムーズです。

また、当日に参列者以外が来てしまうと、遺族や葬儀社が急きょ対応に追われることになりかねません。念のために、どこで行うかは伏せておいたほうが良いでしょう。

葬儀の形は変わっても、大切なのは見送る気持ち

新型コロナウイルスは、我々の生活を根本から動かしてしまいました。葬儀もさまざまな変化を強いられましたが、「故人との最期のお別れの場」であることは揺るぎません。どんな葬儀の形でも、大切なのは見送る気持ちです。安全に配慮して、密葬という選択をしてみてはいかがでしょうか。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。