葬儀
葬儀の費用

葬祭費補助金の申請と手続きについて

国民健康保険または後期高齢者医療保険、社会保険の被保険者がお亡くなりになると、葬祭費補助金が支給されます。

国民健康保険または
後期高齢者医療保険の場合
国民健康保険または後期高齢者医療保険の被保険者がお亡くなりになった場合、被保険者の住所がある市区町村に申請すると、「葬祭費」が支給されます。
支給額は市区町村によって異なりますので、下記の費用一覧を目安に市区町村のホームページ等にて詳細をご確認ください。
葬祭費補助金に関して、ご不明な点は
お気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせはこちら
0120-545-669

365日24時間、時間帯を問わず専門の相談員がお応えします。お気軽にご相談ください。

葬祭費用の補助金制度例

国民健康保険

補助金 : 3万~7万円程度
申請先 : 市区町村窓口
提出書類: 申請書・保険証・葬祭費の領収書・印鑑・預金通帳・口座番号の控え
申請期限: 2年

後期高齢者医療制度

補助金 : 3万~7万円程度
申請先 : 市区町村窓口
提出書類: 申請書・保険証・葬祭費の領収書・印鑑・預金通帳・口座番号の控え
申請期限: 2年

健康保険

補助金 : 5万円
申請先 : 全国健康保険協会の全国支部
提出書類: 申請書・事業主の証明がない場合は死亡診断書の写しなど死亡の事実が
確認できる書類
申請期限: 2年
社会保険の場合 社会保険の被保険者がお亡くなりになった場合、被保険者の勤務先を管轄する社会保険所、もしくは勤務先の懸鼓保険組合に申請すると、「埋葬料」「埋葬費」「家族埋葬科」のいずれかが支給されます。
埋葬料 被保険者がお亡くなりになった場合、埋葬されたご家族(お亡くなりになった被保険者に生計を維持された方であれば、被扶養者でなくてもかまいません)に「埋葬料」として5万円が支給されます。
埋葬費 お亡くなりになった被保険者に、被扶養者など埋葬科を受けられる方がいない場合、実際に埋葬を行った方に、埋葬料(5万円)の範囲内で実際に埋葬に要した費用が「埋葬費」として支給されます。
家族
埋葬料
被扶養者がお亡くなりになった場合は、被保険者に「家族埋葬料」として5万円が支給されます。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。