コロナ

コロナ禍の葬儀で、マスクの色は黒にすべき?実は喪服=黒は明治時代から

葬式でのマスクの色

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、私達の生活すべてを変えてしまいました。中でも「マスクマナー」が問われるようになったことは、以前との大きな違いと言えます。

コロナ禍でも葬儀は行われていますが、気になるのがマスクの色。白い不織布マスクで良いのか?と気になる方も多いようです。

葬儀社ではどうしている?

新型コロナウイルスの感染経路は「接触感染」と「飛沫感染」。現在、不織布のマスクのほうが飛沫感染を防ぐ効果が高いことがスーパーコンピューター「富岳」によって計算されています。

葬儀社では基本的に不織布マスクを着用。2020年はマスク不足だったこともあり、白を着用していたそうです。

一時期「葬儀の時は黒マスク着用がマナー」という記事が出ましたが、各葬儀社の見解は「色よりも正しく着用しているかが重要」というものでした。

白いマスクはマナー違反?実は喪服=黒は明治時代から

そもそも、喪服=黒となったのは明治時代から。明治天皇のご葬儀で西洋化の一貫として、欧米と同じ黒い喪服を着用したのがはじまりです。平安時代などは元々「素服」、染めていない白い服が喪服だったそうですよ。

葬儀におけるマスクのマナーとして重要なのは、色よりも感染予防対策のガイドラインに従い、不要な感染を防ぐことです。

感染予防の観点からは不織布マスクがベスト。布でもOK

不織布マスクは金具を曲げて、きちんと密着させることで効果を発揮します。布マスクでも効果は期待できます。ただ、こちらもしっかり鼻まで覆い、飲食時以外には常時着用することが必須。金色やレインボーカラーなど、あまりにカラフルな布マスクは避けたほうが無難ですね。

どうしても気になる場合、最近は色がついた不織布マスクも販売されています。黒もありますので、ご葬儀の時に着用してみても良いかもしれません。

遺族も参列者も、全員が安心して参加できる葬儀を

コロナ禍でのご葬儀は、遺族も参列者も不安を抱えています。少しでもリスクは軽減したい。そのために、マスクは感染予防に重要な役割を果たします。正しく装着し、最期のお別れを滞りなく行えるようにしましょう。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

葬儀

葬祭費補助金の申請と手続きについて

葬儀

生活保護の方はお葬式の費用が無料に

コロナ

新型コロナによるご遺体は葬儀で安置できる?適切な処置があれば感染リスクはほぼなし

コロナ

新型コロナ禍での葬式参列、マナーはどうすれば良い?

コロナ

コロナ禍でのお葬式に「一日葬」を選ぶ遺族が増えている?負担軽減につながるメリットも

コロナ

コロナ禍での葬式では「通夜」は行わないケースも。安全に配慮した葬儀を行うために

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。