葬儀の流れ

葬儀の流れ
葬儀後に送る会葬礼状(お礼状)の例文まとめ【場面別】

参列者には会葬礼状をお渡ししますが、高額な香典を頂いたり、供花を頂いた方や生前、特にお世話になった方には別に礼状を送るのが丁寧な対応になります。どのような礼状を書いたらいいのか場面別にまとめた例文集です。

葬儀の流れ
葬儀での会葬御礼品(引き出物)についての完全ガイド

葬儀の会葬御礼品と香典返しは同じものなのでしょうか?弔問客全てに渡す会葬御礼品の相場や、人気商品。渡すときに気を付けることなどについてまとめた記事になります。

葬儀の流れ
葬儀の受付は何をすればいい?

葬儀の受付係を依頼されたとき、喪主やご遺族に失礼のないように立ち振る舞うためにも、受付ではどのようなことをするか知っておくことが重要です。この記事では、葬儀の受付の役割と流れについて解説します。

葬儀の流れ
葬儀のナレーションの例文まとめ

葬儀のナレーションは葬儀社のスタッフが担当するケースが多いですが、自宅葬や、家族葬などでは、親族に依頼することも珍しくありません。ナレーションを頼まれたときに注意すべきポイントや例文などを掲載しています。

葬儀の流れ
喪主の挨拶のポイントとは?喪主の役割・挨拶例文を紹介

葬儀で喪主を務めることになったときは、どのような挨拶をすればいいのでしょうか。このページでは、葬儀の喪主の役割、喪主の挨拶の例文などを紹介しています。

葬儀の流れ
葬儀の流れは?どのような手順で行うの?

葬儀をするにあたって、葬儀がどのような流れで進むかを把握しておくことは重要です。3日に渡る葬儀の大まかな流れと、葬儀中や葬儀後に忘れてはならない手続きなどについて説明しています。

葬儀の流れ
初七日、四十九日、葬儀の後の法要まとめ

故人の魂が成仏するまで四十九日かかると言われています。葬儀後に行われる初七日法要や、四十九日法要にはどのような意味があるのでしょうか? また、法要はどのような流れで進められるのかについて解説します。 目次 初七日の法要に…

葬儀の流れ
葬儀後に遺族がすべきことのまとめ

葬儀がひと段落したら安堵するものですが、葬儀後にも行わなければいけない手続きはたくさんあります。これらの手続きを行わなければ、大変なことになるため、葬儀後の手続きは正しく行うようにしましょう。この記事では、葬儀後に行うべ…

葬儀の流れ
葬儀の日程・スケジュールを決めるときのポイント

葬儀の日程を決める場合は、どのように決めていけば良いのでしょうか? 葬儀の日程は、六曜や葬儀の形式によっても決め方が異なってきます。六曜で日程を決める場合は、友引の日は避けられる傾向にあります。そのため、正しい葬儀の日程…

葬儀の流れ
納棺とは?納棺の儀の流れについて解説

納棺は故人が旅立つための身支度を整えて、棺に納める儀式です。ご遺族の方にとって、故人とのお別れの重要な儀式となりますので、葬儀スタッフに任せるだけでなく、遺族も一緒に作業を行うことが多いです。 この記事では、あまり知られ…

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

葬儀のマナー

葬儀時の会社への連絡方法と忌引き休暇の申請の仕方

葬儀

遺影写真の選び方

葬儀のマナー

葬儀の案内・連絡方法まとめ!訃報、挨拶状から喪中はがきまで

葬儀のマナー

葬儀や法要での正しい供物の送り方

葬儀のマナー

葬儀のお花のマナーまとめ【供花・枕花・献花・花輪】

葬儀のマナー

突然の葬儀。弔電の送り方、マナーや料金のまとめ

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。