葬儀のマナー

コロナ
コロナ禍で葬儀に参列する際に気をつけることは?トラブルを防ぐためには事前準備が重要

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、葬儀の形も変化しました。緊急事態宣言が各地で発令されていますが、葬儀はあくまで不要不急にはあたらないとされています。参列者にもさまざまな負担がかかるご時世ですが、トラブルを避けるために…

コロナ
新型コロナ禍での葬式参列、マナーはどうすれば良い?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンライン葬儀や、一日葬や直葬を選ぶなど、葬儀のあり方も変わってきました。参列者のマナーはどのように変化したのでしょうか?通常のマナーに加え、感染予防対策の上で出席することが求められて…

コロナ
葬儀での新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ「マスクマナー」とは?

新型コロナウイルスの感染拡大がおさまらず、変異株までも登場してしまいました。まだまだ心休まる時は訪れないようです。葬儀は「不要不急」にはあたらないため、緊急事態宣言下でも行うことができます。気になるのはマスクのマナー。感…

コロナ
コロナ禍の葬儀で、マスクの色は黒にすべき?実は喪服=黒は明治時代から

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、私達の生活すべてを変えてしまいました。中でも「マスクマナー」が問われるようになったことは、以前との大きな違いと言えます。 コロナ禍でも葬儀は行われていますが、気になるのがマスクの色…

葬儀のマナー
葬儀時の会社への連絡方法と忌引き休暇の申請の仕方

忌引き休暇は企業に勤める方が誰かが亡くなった際に、参列者や遺族として葬儀のために取る休暇のことを指します。しかし、忌引き休暇を取得する際の方法については迷うこともあります。例えば、「忌引き休暇の規定を見かけたことがない」…

葬儀のマナー
葬儀の案内・連絡方法まとめ!訃報、挨拶状から喪中はがきまで

葬儀の案内状の書き方や、連絡方法についてまとめた記事です。葬儀後の挨拶状の出し方についてもわかりやすく解説しています。

葬儀のマナー
葬儀や法要での正しい供物の送り方

葬儀や法要は、服装や香典などのマナーを守ったうえで執り行うものです。また、参列者が送るものとして、香典や供花の他に供物が考えられます。しかし、供物を送る場合、「宗教ごとの違いはある?」「香典を断られていたらどうすればいい…

葬儀のマナー
葬儀のお花のマナーまとめ【供花・枕花・献花・花輪】

葬儀における花と一言でいっても実は非常に多くの種類があります。これらの花は、すべて葬儀におけるマナーなどを守ったうえで弔意を示すために使用されるものです。しかし、「花の違い? わからない」「花のマナーってあるの?」と疑問…

葬儀のマナー
突然の葬儀。弔電の送り方、マナーや料金のまとめ

葬儀は、突発的に起こるものであり、場合によっては参列するのが難しいタイミングであることも少なくありません。そして、葬儀に参加するのが難しい場合などに、弔電を使用することかあります。 しかし、「弔電のマナーは知らないんだけ…

葬儀のマナー
お悔やみやねぎらいの言葉の伝え方と注意すべき忌み言葉について

葬儀では、遺族や参列者どちらの立場であっても言葉に非常に気を付ける必要があります。仮に、どちらの立場であったとしても忌み言葉を使用してしまった場合、トラブルとなる可能性もあるでしょう。 忌み言葉は葬儀におけるマナー違反と…

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

コロナ

コロナ禍で葬儀に参列する際に気をつけることは?トラブルを防ぐためには事前準備が重要

葬儀

コロナ禍での葬儀トラブル!喪主になったら事前準備が重要

葬儀

葬祭費補助金の申請と手続きについて

葬儀

生活保護の方はお葬式の費用が無料に

コロナ

新型コロナによるご遺体は葬儀で安置できる?適切な処置があれば感染リスクはほぼなし

コロナ

新型コロナ禍での葬式参列、マナーはどうすれば良い?

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。