葬儀

葬儀の場における親族の呼び方

結婚式と違って、訃報は突然舞い込んでくることもあるものです。予定が合えば最期の機会にお通夜や葬儀に参列することもできますが、タイミングによっては難しいこともあるでしょう。すでに入っている予定をキャンセルできれば良いのですが、遠方だったりどうしても外せない用事が入ってしまうと、参列も難しくなります。

そのようなときは弔電を出すことによって、哀悼の意を表すことができます。「哀悼の意」という言葉は弔電の中の言葉ですので、実際の会話では使用しないように気をつけましょう。葬儀の弔電は喪主に送るものですから、喪主から見た親族などの呼び方には注意しておかなくてはなりません。そこで、この記事では親族を呼ぶときの敬称を紹介します。

一緒に読まれている記事

葬儀における一親等親族の呼び方

第一親等の親族とは、喪主の両親、配偶者の両親、娘や息子にあたります。故人が喪主にとってどんな関係にいたのかで呼び方がかわります。

  • 父親:ご尊父様
  • 母親:お母堂様
  • 義理の父親:御外父様、御岳父様
  • 義理の母親:御外母様、御岳母様
  • 夫:ご主人様・旦那様
  • 妻:ご令室様・奥様
  • 息子:ご子息様
  • 娘:ご息女様・お嬢様

長女や次女、長男や次男といった兄弟が生まれた順番に関しては特に決まりはありません。

葬儀における二親等以上の親族の呼び方

弔電 二親等

基本的には故人にとって最も近い親族が葬儀を行うことになるため、一親等親族の敬称のほうが電報では使われますが、喪主の両親がすでに他界していて祖父や祖母の葬儀を行うようなケースや兄弟の葬儀を行うケースでは呼び方はそれほど難しくありません。

  • 祖父:ご祖父様
  • 祖母:ご祖母様
  • 兄・義兄:ご令兄様・兄上様
  • 弟・義弟:ご令弟様・ご弟様
  • 姉・義姉:ご令姉様・姉上様
  • 妹・義妹:ご令妹様・お妹様
  • 伯父:伯父様
  • 伯母:伯母様
  • 叔父:叔父様
  • 叔母:叔母様

家族ぐるみの付き合いがあった場合の葬儀

家族ぐるみの付き合いをしていた場合、例えば娘の友人の祖父の葬儀などの知らせが入ることもあります。そのようなときに気を付けなくてはならないのが、一番仲の良いのが娘の友人だとしても、葬儀の喪主を誰か勤めているか確認しなければなりません。

娘の友人が喪主というケースは少なく、その両親が喪主になっていることが殆どです。娘の友人目線で「ご祖父様」と出してしまうと、喪主である両親からしてみると違和感を感じます。喪主と個人の関係性がわからない場合は葬儀場に確認をすることで教えてもらうことができますので、間違えがないように気を付けましょう。

一緒に読まれている記事

まとめ

参列することができれば弔電を出す必要はありませんが、弔電が必要になる場合は家族構成などを予め確認しておくようにしましょう。喪主がわからなかったり確認ができなかったときは、故人の名前+ご遺族様としても問題ありません。弔電の内容に困ったときはNTTの例文などを参考にして見るのも良いでしょう。マナーはもちろん大切ですが、弔電は亡くなった方とご家族に気持ちを伝えるものですので、テンプレートに頼りすぎず、自分の気持ちをしっかりと言葉にすることで故人様も喜ばれるでしょう。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

葬儀のマナー

葬儀時の会社への連絡方法と忌引き休暇の申請の仕方

葬儀

遺影写真の選び方

葬儀のマナー

葬儀の案内・連絡方法まとめ!訃報、挨拶状から喪中はがきまで

葬儀のマナー

葬儀や法要での正しい供物の送り方

葬儀のマナー

葬儀のお花のマナーまとめ【供花・枕花・献花・花輪】

葬儀のマナー

突然の葬儀。弔電の送り方、マナーや料金のまとめ

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。