コロナ
葬儀の流れ

東京オリンピック選手がコロナ感染!コロナで亡くなった場合の葬式は?

東京オリンピック選手がコロナ感染!コロナで亡くなった場合の葬式は?

2021年7月23日、東京オリンピックが開催されることが決定しました。来日したオリンピック選手のコロナ感染の発覚などが報道されています。果たして、安全にオリンピックは開催されるのでしょうか?

世界各地では、新型のウイルスが発見されています。もし、新型コロナウイルスになり、亡くなった場合はどうなるのでしょうか?今回は、オリンピックでコロナ死亡者が増えたら、どうなるかについて紐解いていきます。

オリンピック選手がコロナ感染拡大させるの?

東京オリンピック選手が来日をしています。羽田空港では検査が行われていますが、果たして安全に競技は行われるのでしょうか?これらの問題を紐解いていきましょう。

オリンピック選手の感染

オリンピック選手のコロナ感染の報道もされています。リトアニア選手やウガンダ選手、イスラエル選手がコロナ感染しました。ルワンダのオリンピック選手は、コロナ感染症対策のルール違反をして、五輪合宿への参加資格がはく奪されたと報道がありました。

オリンピック関係者の感染

五輪選手村の運用元では、コロナ感染症対策のルールが「プレーブック」により定められています。しかし、ルール違反をしたスタッフがコロナ感染したと報道がありました。

業務委託先の人が「プレーブック」のルールを守らない限り、五輪選手村の集団感染の防止は難しいでしょう。2021年7月10日地点で、オリンピック関係者12名のコロナ感染が発表されています。

補足:オリンピック運営は安全に行えるのか

2020年7月10日地点で、オリンピック選手やオリンピック関係者のコロナ感染が発覚しているため、安全な運営は厳しいと考えて問題ないでしょう。

オリンピックでは、1万1,000人、関係者は4万1,000人が参加する予定です。無観客観戦にはなりましたが、選手村には多くの人が集まるため、感染拡大は危惧しなければいけません。

コロナ感染者の葬式のポイント

オリンピック開催によるコロナ感染拡大は不安に感じるものです。実際に、コロナ感染で亡くなった場合は、葬儀はどのように行われるのでしょうか?

前代未聞のことで、不安に感じる方も多いです。ここでは、コロナ感染者の葬式がどのような流れで行われるかについて解説します。

遺体は納体袋に納められる

遺体から飛沫が飛ぶことはないため、飛沫感染の心配はありません。しかし、接触感染の危険性があります。そのため、新型コロナウイルスが原因で亡くなった場合は、納体袋に遺体が入れられます。

基本的に納体袋から遺体を出すことはできません。火葬する際も、納体袋のまま燃やします。

24時間以内に火葬が行える

日本の法律では、死後、24時間以内に火葬を行うことはできません。しかし、新型コロナウイルスが原因で亡くなった場合は、ウイルスを駆除するために、24時間以内の火葬が認められています。24時間以内の火葬は義務ではありません。

しかし、このような法律を定められるほど、危険であることを示唆しています。

コロナ感染症対策を実施する

コロナ禍で葬儀を行う場合は、コロナ感染症対策を実施しなければいけません。ソーシャルディスタンスを回避するために、広い式場を用意しなければいけません。

また、納体袋など対策グッズを用意する必要があります。コロナ感染症対策の費用が上乗せされるため、経済的にも精神的にも大きな負担がかかります。

対応できない葬儀社もある

コロナ感染で亡くなった場合、葬式や火葬に応じることができないと拒否しているところもあります。どこでも受け入れられるわけはありません。そのため、希望する葬儀をあげにくくなっています。

遺族が濃厚接触者なら面会できない

故人様と一緒に暮らしていた方は、濃厚接触者に該当してしまいます。濃厚接触者に該当した場合は、病院での面会などが行えません。

濃厚接触者でありながら、陽性反応が出た場合は、故人様の最期に立ち会えない恐れもあります。

安心安全のオリンピックに向けて

オリンピック開催前から、オリンピック選手や関係者によるコロナ感染が確認されています。

また、オリンピック会場がある東京のコロナ感染者数が急増しています。コロナで亡くなった場合は、死に際に立ち会えない恐れもあるため、オリンピック関係者だけではなく、一般人もコロナ感染しないように外出自粛などのコロナウイルス感染症対策を徹底しましょう。

関連する記事
Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。