葬儀の流れ

プロテスタントの葬儀の流れから席次の決め方まで徹底解説

プロテスタントの葬儀の流れから席次の決め方まで徹底解説

キリスト教と仏教、神式では、会場内に飾る祭壇や儀式の流れに違いがあります。キリスト教(プロテスタント)の葬儀の流れや参列者の席次は、どのようになるのでしょうか?

この記事では、プロテスタントの葬儀の席次と流れについて解説しています。

プロテスタントの葬儀とは

キリスト教でも、カトリックとプロテスタントでは、葬儀の目的に違いがあります。

遺族や親族が神に祈りを捧げることは同じです。しかし、祈りを捧げる目的にも違いがあります。

カトリックの場合は、故人が生前に犯した罪の赦しを請うために祈ります。その一方で、プロテスタントの教えでは、故人は既に神の元に召されているので、遺された遺族の悲しみを慰めるために祈りを捧げるもの。

また、カトリックの祭壇にはマリア像が飾られますが、プロテスタントでは偶像崇拝を行わないので、十字架と生花だけで作られるシンプルな祭壇になります。

さらに、カトリックの葬儀は、洗礼を受けた信徒のみが行えるものですが、プロテスタントの葬儀は信徒でなくても葬儀を行うことができます。このような違いがあるのです。

プロテスタントの葬儀の席次

中央の祭壇から、通路を通して、右側と左側に席が分かれます。プロテスタントの葬儀では、親族側と知人側で席を分けることはありません。通路の左右どちら側も、前列には遺族が座り、その後ろに親族が座ります。

その後、友人、知人のように故人と縁が深い人が、祭壇の近くに座る形式になっています。

プロテステントの葬儀の流れ

葬儀は、前夜式と葬儀式で2回の儀式が行われます。

前夜式

前夜式は日本の通夜のような位置づけで、葬儀の前日に執り行われます。

仏式や神式のように通夜と葬儀が分けられている形式ではなく、初日の前夜式から進行して、2日目の葬儀・告別式で終了するという流れです。

前夜式では牧師が聖書を朗読し、参列者が祭壇に献花を行います。聖歌の合唱や、牧師の入場時などにオルガンの演奏を行うのが特徴です。一連の儀式が終わった後に、遺族と参列者が会食を行います。

葬儀・告別式

2日目の葬儀・告別式でも聖書の朗読や讃美歌の合唱、献花などが行われます。送られてきた弔電を紹介するのも、2日目の葬儀です。儀式が終わり牧師が退場した後に、遺族や親族が主催するお別れの会が行われます。

お別れの会では参列者が1人ずつ棺の中にお花を供えて、故人との最後のお別れ。お別れの会が終わると棺は閉じられ、白い布で覆い火葬場へ向かいます。

法要の概念がないので、葬儀終了後に参列者は解散となります。

関連する記事
Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。