葬儀の流れ

キリスト教のカトリックで告別式の代わりに行われる「赦祈式」の流れ

キリスト教のカトリックで告別式の代わりに行われる「赦祈式」の流れ

キリスト教では、仏式の告別式の代わりに赦祈式(しゃとうしき)が行われます。

日本の葬儀の9割は仏式で行われるため、赦祈式に呼ばれると不安に感じてしまう方が大半なのではないでしょうか?

しかし、どのような流れで行われるかを把握しておくことで、その不安は払拭できるはずです。この記事では、赦祈式の流れについて分かりやすく解説します。

祈祷

赦祈式前に司祭が祈ります。キリスト教では「死=永遠の安息」という意味を持ちます。生前の罪を神に許してもらい、天国で安らかに眠るために儀式が行われるのです。そのため、祭司は、神の導きを得るために、赦祈式前にお祈りをするのです。

入堂聖歌

聖歌隊と一緒に棺とご遺族が入堂してきます。参列者は立ち上がって、一緒に聖歌を歌います。聖歌を歌ったことがない場合でも、歌詞カードが渡されるので、一緒に歌ってあげてください。

棺が祭壇に安置されて、装飾と撥水(清めること)をします。その後、司祭による開式挨拶が行われ、赦祈式が始まります。

司祭の追悼説教

司祭による追悼説教(ミサの祈り)があるため、一緒に唱和をしましょう。キリストへの感謝の気持ちを込めて、故人の安息を祈ります。

司祭の追悼説教は、カトリックで最も重要とされる儀式で、故人がカトリック信者の場合のみ行われるものです。神聖なる儀式を終えた後は、司祭は祭服を着替えに退場します。

聖歌合唱

着替えを終えた祭司が入堂してきます。全員で聖歌を歌った後に、香炉と聖水を持った使者と祭司が棺の前に立ち、聖水をかけて故人の罪を清めます。また、香炉を振りながら、棺の周囲を回り、故人の永遠の安息を祈ります。

弔辞・弔電披露

司会者が弔辞・弔電披露をしていきます。故人の略歴紹介や人柄が述べられるため、参列者は追悼しながら耳を傾けましょう。また、赦祈式に参列できなかった方からの弔電も読み上げられます。その後に、ご遺族代表の挨拶があります。

献花

ご遺族代表の挨拶を終えたら、オルガン演奏が始まります。司祭・ご遺族・参列者の順番に献花を捧げましょう。

献花は、ご遺族に一礼して花を受け取り、根本を祭壇に向けて献花台に上に起きましょう。その後に、手を合わせて黙祷します。全員が献花をしたら、聖歌を歌い閉式となります。

キリスト教の告別式=赦祈式

キリスト教には告別式が存在しません。キリスト教では、故人の永遠の安息を祈る儀式である赦祈式が行われます。日本の葬儀の9割が仏式の葬儀となっているため、赦祈式に参列する場合は、不安に感じるかもしれません。

しかし、赦祈式の一連の流れを把握しておけば、不安は払拭できるはずです。今回は、赦祈式の流れをご紹介しました。ぜひ、参列の予定がある方は、この記事を参考にしてみてください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。