葬儀のマナー

通夜式の挨拶例文を徹底紹介!挨拶の注意点も覚えよう

通夜式の挨拶例文を徹底紹介!挨拶の注意点も覚えよう

故人との別れは突然訪れるもので、喪主を務める機会は少ないです。そのため、喪主を務めることになった場合に不安を抱きやすいです。通夜式では、喪主挨拶を行わなければいけないため、緊張が走ることでしょう。しかし、通夜式の挨拶文例を参考にして準備をしておけば安心です。ここでは、通夜式での喪主の挨拶文例をご紹介します。

通夜式の挨拶は閉式時のみ

本日は、お忙しいところ、亡き■■の通夜にご足労いただきまして、誠にありがとうございました。
生前は、格別のご厚情を賜りましたこと、故人も感謝しておりました。故人に代わって、深くお礼を申し上げます。
明日の葬儀・告別式は■■時より■■で行いますので、何卒、宜しくお願い申し上げます。
また、ささやかではございますが、お食事の席を設けておりますので、ご都合の宜しい方は、故人の思い出話など、お聞かせ願えればと存じます。本日は、誠にありがとうございました。

通夜式の挨拶のポイント

通夜式の挨拶例文をご紹介しましたが、ポイントを押さえることで覚えやすくなります。

参列者への感謝の気持ちを伝える

故人を偲び、ご遺族の意向を尊重して参列してくださった方には、感謝の気持ちを伝えてください。故人が亡くなった後でも、変わらぬお付き合いをしてもらえるようにお願いします。通夜式は葬儀・告別式ほど厳粛な場ではないため、形式にこだわる必要はありません。気持ちを込めて感謝の気持ちを伝えましょう。

葬儀・告別式の日程・場所を伝える

通夜式の閉式の挨拶で忘れてはいけないことが、葬儀・告別式の日程・場所を伝えることです。訃報の知らせでも通達していますが、連絡の抜け落ちなどのトラブルが起きないように、再度お知らせをしておきましょう。

忌み言葉の使用は控える

通夜式では、忌み言葉の使用を控えてください。忌み言葉とは、不幸が続くことを連想させる言葉をいいます。「たびたび」「重ね重ね」などの重ね言葉や「四」「九」などの死を連想させる不吉な言葉は使用を控えてください。忌み言葉を避けるのは、大切なマナーです。

せっかく、事前準備した喪主挨拶で忌み言葉を使用してしまうと、参列者に不快感を与えてしまったり、恥をかいてしまったりするため気をつけましょう。

通夜式の喪主挨拶は例文を参考にしよう

通夜式で喪主を務めることになった場合は、挨拶ができるか不安になるものです。しかし、挨拶例文を参考にして準備をしておけば、参列者へ気持ちを伝えることに集中できるはずです。

喪主を務める機会は、人生で何度も訪れるものではありません。誰でも緊張して当然です。挨拶文例を使用して事前準備をすれば、誰でもきちんとしたい挨拶が行えます。ぜひ、この記事で紹介した挨拶例文を参考にしてみてください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。