コロナ
葬儀

コロナ禍の葬儀で注目の「自宅家族葬」。葬儀社のサポートで葬儀費用と精神的負担が軽減

コロナ禍の葬儀で「自宅家族葬」が増加。広い部屋がなくても大丈夫?

新型コロナウイルスの新規感染が収まらない中、葬儀にも、さまざまな変化が起きています。 以前は通夜を行い、翌日に告別式、納棺後に火葬場へ……という2日にわたって行う葬儀が主流でした。しかしコロナ禍での密集を避けるため、「自宅家族葬」を選ぶご遺族も増えています。

自宅家族葬とはどんなもの?最期を自宅から見送りたい

一言で言えば、自宅で行う「家族葬」です。お寺や公民館、葬儀場に比べれば広さがない場所での葬儀になりますから、必然的に遺族、故人と親しかった人のみが参列する「家族葬」の形を取ります。

コロナ禍で自宅家族葬を選ぶメリットとは

遺族や参列者の家族に高齢者や病気の人がいる場合、今は斎場などに赴くことが普段よりも大変な状況です。感染対策をしていても、不安は尽きないもの。自宅家族葬はご遺族自身が不要な外出をせずに済みますし、参列者の制限も比較的容易なことから、コロナ禍で注目を浴びています。

また、斎場使用料がかからないため、比較的リーズナブルに葬儀を行うことができます。かつて日本にあった風習のように、自分たちで手配するというご家族も

時間を気にせずお別れができる点や、慣れ親しんだ自宅から、故人をお見送りすることができる点も魅力です。

広い部屋がなくても大丈夫?自宅家族葬を行える葬儀社も

自宅家族葬には、棺と祭壇の入る場所が必要になります。葬儀社によって基準はさまざまですが、原則6畳程度あれば良いようです。

十分な広さが確保できなくとも、自宅家族葬を行えるプランを提案している葬儀社もあるので、一度相談してみるのもおすすめです。

ご遺体はストレッチャーなどで運ばれますので、玄関や二階で行いたい場合は階段の幅・広さなどを事前確認しておくことが重要です。マンションなどの集合住宅では、エレベーターにで運べるかもポイントとなります。

コロナ禍で自宅家族葬を行うにはデメリットも

自宅家族葬にはデメリットもあります。自宅で行うため、片づけや準備など、遺族が中心となって動くことが多くなります。精神的のみならず、肉体的な負担も通常よりやや重いと言えるでしょう。

また、人の出入りがどうしても増えますので、近隣住民へ配慮する必要があります。マンションやアパート、玄関が隣接している場合など、事前説明なしではトラブルのもとになるので注意が必要です。加えて、先程述べたように、自宅葬ゆえに必要な事前確認が多く、手間がかかることも確かです。

必要に応じて葬儀社スタッフが手伝うことも可能

自宅家族葬だからといって親族側で全て準備・対応しなくてはならないというわけではありません。 「しきたりや作法、参列者にどう対応したら良いか分からない」 「設営や参列者対応など、斎場での葬儀よりも親族の負担が多くなるのではないか?」といった不安もあるかと思いますが、 熟練した専門スタッフが準備から葬儀当日までサポートするため、自宅家族葬は式場利用にかかる費用を抑えることができ、親族の負担も軽減できる葬儀様式となっております。

大変な時代を生きた故人へ、自宅でのお別れを

自宅家族葬にはデメリットもあります。しかし、コロナ禍を生きた故人が、落ち着く場所であったはずの自宅でゆっくりとお見送りする。これも、ひとつの葬儀の形ではないでしょうか。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。