コロナ
葬儀のマナー

コロナ禍で葬儀に参列する際に気をつけることは?トラブルを防ぐためには事前準備が重要

コロナ禍で葬儀に参列する際に気をつけることは?トラブルを防ぐためには事前準備が重要

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、葬儀の形も変化しました。緊急事態宣言が各地で発令されていますが、葬儀はあくまで不要不急にはあたらないとされています。参列者にもさまざまな負担がかかるご時世ですが、トラブルを避けるためにはどのように準備し、参加すべきなのでしょうか。

「家族葬」や「直葬」でそもそも参列できない

人が集まる、「密」を避けるべきとされるコロナ禍。葬儀における一番の変化は、参列人数を制限したことでしょう。本来なら100人以上をお招きするような故人でも、家族や親族、親しい人だけなどで行う「家族葬」、告別式を行わない「直葬」などを選ぶケースが増加しています。「私は呼ばれなかった」とトラブルに発展する場合もあるようです。

故人とのお別れが直接できないのは残念ですが、つらい思いをしているご遺族の意向を汲むことも大切です。

遠方からの参加に対し、辞退を請われる

遠方に住んでいる場合、里帰りして参加することを辞退してほしいと言われるケースも。感染リスクをできる限り抑るためには当然とも考えられますが、やりきれない思いになったという経験談もありました。

香典を送る、後日お悔やみの言葉を伝えるなど、遠方なりの弔意の示し方もあります。また、スマートフォンなどを使い、リモートで参加したという話も話題になりました。

霊安室への入制限や火葬場まで行けないことも

狭い部屋に人が集まるのを避けるべく、霊安室への入室を制限している葬儀社が多いようです。また、火葬場も感染症予防対策のため、受け入れ人数を少なくしています。そのため、参列者は最期のお別れが出棺までとなってしまうのがコロナ禍の葬儀です。

ご遺族ですら霊柩車の同乗はNGとなっている場合もあるので、名残惜しいながらもすぐに解散することが参列者のマナーと言えるでしょう。

感染者を出してしまわないために

ご遺族や故人が一番つらいのは、参列者が葬儀によって感染してしまうことでしょう。各葬儀社は消毒液の設置や換気の徹底など、感染予防のガイドラインを遵守して葬儀を行っています。必ず指示に従い徹底しましょう。事前の予防対策が一番のトラブルを防ぐことにつながります。

また、熱があるなど、不調のときはすぐに欠席を連絡しましょう。ご遺族はコロナ禍での葬儀ということもあり、非常にセンシティブな環境にいます。トラブルを避け、負担をかけないように心がけることこそ、参列者ができる最大の思いやりです。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。