コロナ
葬儀

コロナ禍でキリスト教の礼拝は行える?2021年の最新状況を解説

コロナ禍でキリスト教の礼拝は行える?2021年の最新状況を解説

新型コロナウイルス感染拡大の影響は、キリスト教の礼拝にも及んでいます。

韓国の宗教団体によるクラスター感染情報を受けて、キリスト教に対する風評悪化に配慮されたルールが定められていることをご存知ですか?このような状況下の正しいルールを把握しておかなければ、指摘を受けてしまうため注意しましょう。

この記事では、コロナ禍でキリスト教の礼拝を行う際のルールについて分かりやすく解説します。

コロナ禍でキリスト教の礼拝を行う際の注意点

まずは、コロナ禍でキリスト教の礼拝を行う際の注意点をご紹介します。

ソーシャルディスタンスを守る

コロナ禍でキリスト教の礼拝を行う場合は、互いに2mの距離を保つようにします。2mの距離を保てない場合は、礼拝堂を使用することはできません。礼拝堂内で距離を確保するための具体的な方法に関しては、主任司祭から指示が出ます。

礼拝堂の換気をする

コロナ感染対策として、こまめに換気をすることが義務付けられています。礼拝堂の主任司祭の指示で換気対策がされていますが、換気が出来ない構造の礼拝堂は使用できません。そのため、礼拝堂に礼拝が行えるかを事前に確認してください。

マスク着用など感染症対策をする

コロナ感染対策として、礼拝時もマスクを着用してください。フェイスシールドはマスクの代用として認められていません。また、礼拝堂に入る前にはアルコールで手指を消毒したり、体温測定に協力したり感染症対策をしてください。

コロナ禍のキリスト教の礼拝で控えるべき行動

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、通常の礼拝とは方法が異なり、控えるべき行動が指定されています。

挨拶や会話

礼拝堂内では、挨拶や会話を控えなければいけません。また、礼拝堂後の立ち話も控えるように注意喚起が呼びかけられています。礼拝堂内での行動に関しては、主任司祭の指示に従うようにしましょう。

県都境を超えての移動

県都境を超えての移動の自粛が求められています。所属教会へ出かけるための県都境を超えての移動は控えてください。徒歩移動など常識的範囲で隣接する地域の場合は、問題ありません。

礼拝堂では、クラスター感染が発覚した場合は保健所に通達しなければいけないため、礼拝者の個人情報を取り扱っています。遠方の場合は、礼拝堂内に入れてもらえないため気をつけてください。

羅患者や濃厚接触者の出席

発熱や空咳、倦怠感などの症状が出ている方や、羅患者や濃厚接触者に該当する方は礼拝への出席は認められていません。クラスター感染が起きないようにキリスト教会で、ルールが設けられているため、礼拝への出席は控えましょう。

聖歌を一緒に歌う

通常の礼拝では、聖歌を一緒に歌って祈りを捧げますが、コロナ禍では歌うことはできません。当面の間は、オルガン独奏やマイクを利用しての独唱が基本となります。

ごく少数の聖歌隊による歌唱を許可している礼拝堂もありますが、聖歌を一緒に歌うと飛沫感染が起きる可能性があるため控えましょう。

コロナ禍でキリスト教の礼拝を行う際はルールを守りましょう

韓国の宗教団体でクラスター感染が発表されたことにより、キリスト教では、風評悪化に配慮してクラスター感染が発生しないように注意喚起が呼びかけられています。通常の礼拝とは異なるルールが定められているため、礼拝時に従いましょう。また、礼拝堂によって礼拝が行えない場合もあるため、事前に確認されてみてください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。