コロナ

新型コロナ禍での葬式参列、マナーはどうすれば良い?

新型コロナ禍での葬式参列、マナー

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンライン葬儀や、一日葬や直葬を選ぶなど、葬儀のあり方も変わってきました。参列者のマナーはどのように変化したのでしょうか?通常のマナーに加え、感染予防対策の上で出席することが求められています。

通常の「葬儀マナー」に加えて新型コロナウイルス感染予防対策を

通常、葬儀や告別式に参列する際は、男性は黒ネクタイのブラックスーツ、女性もブラックフォーマルが基本となります。お子さんの場合は制服か、地味な色合いの服装で。また仏式は香典と数珠が必要です。

現在は新型コロナの影響でマスクを必ず着用することが必要です。マスクは不織布がベストですが、布やウレタンでも問題ありません。不織布の場合、色は白でも構わないとされています。

供花・供物を贈る場合は喪家の意向を確認を

「葬儀に供花や供物を贈りたい」という場合は、事前に喪主・家の意向を確認してから贈りましょう。宗教や宗派によってはNGとなるものがありますし、地域のしきたりに従うといったケースもあるので、注意が必要です。

規模などの関係で供花・供物を辞退すると決めている喪家もいらっしゃいます。せっかくの気持ちが無駄にならないよう、確認を怠らないようにすることが大切です。

香典を郵送する場合は1週間から1ヶ月以内に

感染拡大を避けるために参列者を絞ったり、自宅葬を行ったりするケースも増えてきました。遠方に住んでいるなど、出席を見送った場合、香典を郵送することになります。基本的には葬儀から1週間~1ヶ月程度を目処に、現金書留で送付します。その際に、現金は不祝儀袋に包み、お悔やみと弔問できなかったことへのお詫びを一筆添えるのがマナー。縦書きの便箋に黒で書くのがベストです。

近年、香典をキャッシュレス決済にするという取り組みも始まっています。ご遺族と親しい間柄ならばキャッシュレス送金を相談してみるのもひとつの手かもしれません。

ご遺族への負担を軽減することが参列者のマナー

「不要不急」にはあたらないとされる葬儀。各葬儀社はガイドラインに従って、感染拡大予防策を講じています。三密の防止や消毒液の設置、座席間隔の拡大に加え、参列者の検温を行うケースもあるようです。

悲しみの中にいるご遺族の負担を軽減することこそ、参列者最大のマナー。感染リスクをできる限り減らし、故人をお見送りするようにしましょう。

関連 : コロナ禍の葬儀で、マスクの色は黒にすべき?実は喪服=黒は明治時代から

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

コロナ

新型コロナによるご遺体は葬儀で安置できる?適切な処置があれば感染リスクはほぼなし

コロナ

新型コロナ禍での葬式参列、マナーはどうすれば良い?

コロナ

コロナ禍でのお葬式に「一日葬」を選ぶ遺族が増えている?負担軽減につながるメリットも

コロナ

コロナ禍での葬式では「通夜」は行わないケースも。安全に配慮した葬儀を行うために

コロナ

家族葬は何人でも「家族葬」コロナ禍で心残りなく見送るお葬式をめざして

葬儀

新型コロナ禍での葬儀は帰省しても良い?早めの判断を

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。