火葬式

火葬式と直葬の違いとは?儀式を伴わないシンプルな葬儀

日本では、人が亡くなったときは伝統的にお通夜告別式が開かれ、多くの人が参列し個人への追悼の意を示しました。

しかし宗教感の薄れや家族構成の変化、都市への人口の流入などで葬儀の形は変化しつつあります。ここで紹介する火葬式・直葬も、そのような流れの中で新しく生まれた形式の葬儀の一つです。では、火葬式・直葬とはどのような葬儀なのでしょうか。

火葬式と直葬について、おさえておきたいポイント

  • 火葬式は直葬とも呼ばれる形式で、通夜や告別式を行わない
  • 近親者のみで行われるため、弔問客を受けつけない
  • 呼ぶ人が少ない、節約のため、葬儀へのこだわりがないなどの理由で選ばれている
  • 火葬式(直葬)を行う時の流れ

火葬式と直葬

火葬式とは、通夜や告別式は行わずに、火葬だけを行う形態の葬儀です。

火葬式は、故人の友人や職場の人、近所の人など弔問客を受け付けず、家族や親族だけで火葬式が執り行われます。

ご臨終が判明して、24時間安置した後に、ご遺体を火葬して収骨するという極めてシンプルな葬儀形態です。そのため、火葬式は別名で直葬とも呼ばれます。

チェックポイント

火葬式は、近親者のみで火葬のみを行う形式の葬儀。直葬ともいう。

一緒に読まれている記事

火葬式・直葬が選ばれる理由

火葬式・直葬を選ぶ人の割合は、少しずつですが増えています。火葬式・直葬を選ぶ人の理由としては、

  • 高齢で仲良くしていた友人は先立ってしまい、葬儀に呼べる人が少なくなってしまった
  • とにかく葬儀費用を安く抑えて、経済的な負担をなくしたい
  • 身内のみの少人数で、ゆっくり故人との最期の時間を過ごしたい
  • 従来の葬式への強いこだわりがない

のような理由が挙げられます。

とくに、生前に自分の葬儀をどのような形態にするか考える方が増えてきて「残された家族には、経済的負担をかけたくない」という理由によって、火葬式・直葬を選ぶ人が増えてきているようです。

チェックポイント

火葬式を選ぶ人は増えている。主な理由は費用が掛からないことや、葬儀の形式へのこだわりがないこと。

火葬式・直葬の流れ

火葬式(直葬)は、以下の手順で進めます。

  1. ご臨終・死亡診断書の受け取り
  2. 葬儀社・菩提寺に連絡
  3. ご遺体の安置
  4. 葬儀社との打ち合わせ
  5. 納棺
  6. 火葬
  7. お骨上げ

ご臨終

医師からご臨終が告げられます。告知の仕方は病院ごとによって異なります。

医師から死亡診断書を受け取りましょう。この死亡診断書がないと火葬の受付を行ってもらえません。

葬儀社・菩提寺に連絡

亡くなった旨を葬儀社菩提寺に連絡をして、火葬式を執り行う準備をしてもらいます。

ご遺体の安置

ご遺体は慰安室に運ばれますが、長期間置くことができないため、葬儀社に依頼をして安置場に搬送してもらいます。

葬儀社との打ち合わせ

火葬式や直葬をどのような形態で行うか葬儀社と相談して決めます。具体的な内容としては、火葬場の場所、僧侶の手配方法、宗教に関することを決めていきます。

納棺

故人に死装束を着させて、遺族の手で遺体をに納め、合掌をしたあとふたを閉めます。納棺の際は、故人の愛用品を一緒に入れることができます。

火葬

出棺の際は、位牌・骨箱・ 遺影写真を持っていきます。火葬場に到着したら、火葬許可証を提出してお棺を出し、炉前に運び火葬します。

お骨上げ

火葬場でのお骨上げの時間まで、食事をしながら待ちます。骨箱と一緒に埋葬許可証も渡してもらえるので必ず受け取るようにしましょう。

まとめ

直葬とも呼ばれる火葬は、通夜や告別式を行わない非常にシンプルな葬儀形態です。

あまり多くの人を呼ばず、時間もかからないうえにかかる費用も少ないことから、現代では火葬式を選ぶ人が多くなっています。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。