葬儀

葬儀で出す食事「精進落とし」 出すタイミングやお弁当はありなし?

葬儀で出す食事「精進落とし」 出すタイミングやお弁当はありなし?

亡くなられた方を送り出す葬儀の場では、飲食をするタイミングが沢山あります。お茶やちょっとした和菓子などを出す時は、参列者へ葬儀に来てくれた事への感謝だけでなく、「これから長丁場になるのでこれで小腹でも満たしてください」という心遣いも込められています。

お通夜で出される食事は通夜振る舞いと呼ばれ、どれ位に人数が参列するかも分からないので軽食や大皿料理になる事が多く、お清めの意味も込めてアルコールも用意されます。

また葬儀で出される食事の事を一般的に通夜振る舞いではなく精進落としと言います。ではこれはどういう意味なのか、また出すタイミングはいつなのか、どんな料理を出せばよいのか、お弁当でも良いのか等分からない事が沢山あるので詳しく見ていきましょう。

葬儀における精進落としとは何か

精進落としとは葬儀で遺族が僧侶や参加してくれた人に出す食事の事を言います。元々昔は親族が亡くなると肉や魚を食べるのを断って精進料理を食べていました。そして四十九日の忌明けに、通常の食事に戻す一区切りの食事という意味でした。

しかし現在では親族が亡くなったからといって喪が明けるまで肉や魚、お酒を全て断つ人はほとんどいません。時代と共にその意味は変わり、僧侶や親族、来てくれた人へお礼とお清めの意味も込めて葬儀で出される食事という形に変わりました。

特に仏教では他人に料理を振舞う行為は重要な意味を持ち、相手に料理を振舞う事で徳を積んだり、僧侶や参列者へのねぎらい、そして参列者を清める等の意味があります。

精進落としでは何を出せばよいのか、弁当は良いのか

精進落としは遺族が参加してくれた人に感謝の意も込めて料理を振舞うものです。列席する人数も大体決まっているので個別のお膳を用意すると良いです。基本的には歓談の場になりますので、お酒も多めに用意する必要があります。

ではどのような料理を出せば良いかというと、お寿司や懐石料理などが一般的です。予算的にお寿司等が無理なのであれば仕出し弁当を人数分用意しても問題ありません。

メニューは特に細かい決まりはなく自由ですが、葬儀中の食事なので鯛や伊勢海老といったお祝いの席で出るようなものは控えたほうが良いです。

具体的にどういった料理が並ぶかというと、お寿司や天ぷら、煮物や焼き物、酢の物、茶碗蒸しにサラダ、果物等です。

精進落としを出すタイミングはいつか

精進落としはいつ出せば良いのかというと、ちゃんと良いタイミングがあります。お通夜の翌日には葬儀と告別式が行われます。時間帯としては多少の幅がありますが、大体午前10時〜15時辺りに行われる事がほとんどです。

葬儀では僧侶がお経を読んでお焼香を行いますが、これは約30分〜1時間ほどで終わります。その後に出棺して火葬を行います。火葬は多少時間がかかるので、その間に食事として出すと良いです。時間でいうと丁度お昼頃になります。

そしてそこで親族や来てくださった人に食事やお酒を振舞い、その後再び火葬場に戻り収骨をするという形になります。つまり葬儀が終わり、出棺をして火葬をしている間に出すのがベストなタイミングです。

まとめ

精進落としとは元々、親族が亡くなった時に喪中は肉や魚、酒を断ち、四十九日の忌明けに、いつもの食事に戻す一区切りの食事という意味でしたが、現在では意味も次第に変わってきており、来てくれた人に感謝の意味も込めて出す食事というものに変わってきています。メニューも特に決まっておらず自由ですが、お祝い事で出されるような食材は控えられています。

火葬している間に済ませる事が多いですが、そこで亡くなった人を偲びながら、来てくれた人達と色々な思い出話で花を咲かせる事が何よりの供養になります。

このように元々の意味からは大きく変化しましたが、それでも故人の冥福を祈る事に変わりはありません。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。