葬儀のマナー

友引の葬儀は縁起が悪い?友引の意味と、お通夜・葬儀の日程の決め方

友引の葬儀は縁起が悪い?友引の意味と、お通夜・葬儀の日程の決め方

「友引」は、「大安」や「仏滅」と同じ六曜のひとつ。「友を引く」という言葉から、友引に葬儀をおこなうと「故人が友人を連れていってしまう」、「不幸が連鎖する」と考えられています。

しかし、人はいつ亡くなるか分からないもの。葬儀と友引が重なってしまう場合、どのようにすれば良いのでしょうか。

この記事では、友引に葬儀をおこなう際の注意点や、葬儀の日程の決め方をお伝えします。

友引とは?

友引とは、陰陽五行説や干支を取り入れて作られた暦上の運勢『六曜』のうちの1つです。六曜は下記の6つから成り立っており、それぞれ縁起の良い日と悪い日があります。

・先勝
・友引
・先負
・仏滅
・大安
・赤口

六曜は毎日、順番に繰り返されます。しかし、旧暦の朔日(ついたち)になると順番はリセットされ、下記の六曜から再スタートとなります。

・旧暦の1月と7月の朔日(ついたち) ・・・ 「先勝」
・旧暦の2月と8月の朔日(ついたち) ・・・ 「友引」
・旧暦の3月と9月の朔日(ついたち) ・・・ 「先負」
・旧暦の4月と10月の朔日(ついたち) ・・・ 「仏滅」
・旧暦の5月と11月の朔日(ついたち) ・・・ 「大安」
・旧暦の6月と12月の朔日(ついたち) ・・・ 「赤口」

友引は、相打ち勝負なしの日。吉日でも凶日でもありません。そのため、葬儀をおこなう日としては問題がないと捉えたくなりますが、気をつけなければいけないことがあります。

友引に葬儀は縁起が悪い?

既述のとおり、本来「友引」は吉日でも凶日でもありません。「共に引く」が語源であり、勝ち負け無しの日とされてきました。

しかし、「友引」という言葉のニュアンスから、友引に葬儀をおこなうことは「故人と仲の良かった友人まで連れていってしまう」と忌避されてきた経緯があります。

現代では、迷信として捉えられているので、あまり気にしないという人も多いです。しかし、友引の葬儀を嫌がる人もいますので注意が必要です。

お通夜・葬儀の日程の決め方

お通夜・葬儀の日程は、どのように決めれば良いのでしょうか?

お通夜

葬儀と友引が同日となる場合は、日程をずらし、お通夜を友引におこなうことがあります。お通夜であれば、友引におこなっても良いとされています。気になる場合は、日程を調整しましょう。

葬儀

友引に葬儀を避けるためには、先に火葬場を予約しておくと良いでしょう。そもそも、火葬場は友引を定休日としている施設も多いです。確認も含めて、火葬場の手配からおこないましょう。

通常

お通夜は故人が亡くなった日の翌日に執り行います。そして、葬儀は通夜の翌日におこなうことが通例です。

ただし、ご遺族や僧侶、斎場のスケジュールにより、日程を調整しないといけない場合もあります。ここは、葬儀社の担当と相談しながら決めると良いでしょう。

補足:友引に葬儀をおこなう方法

どうしても友引に葬儀をおこなう場合は、棺のなかに「友引人形」を入れると良いとされています。その理由は、友引人形が友人の身代わりになるといわれているためです。

友引人形は、葬儀社や斎場の担当者が用意をします。気になるのであれば、友引人形の手配をお願いしましょう。

友引の葬儀には細心の注意を払おう

友引は六曜という暦上の運勢のひとつ。本来は吉日でも凶日でもありませんが、「友引」という言葉から葬儀は避けられてきました。

現代では、友引の葬儀を気にする人は少ないです。しかし、ご年配の中には気にする人も多いので注意しましょう。

友引と葬儀が重なってしまう場合は、葬儀社の担当に相談することをおすすめします。相談することで、参列者全員が納得できる葬儀が行えるでしょう。ぜひ、この記事を参考にして葬儀の手配をしてみてください。

関連する記事
Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。