コロナ
直葬

縁を切った母が新型コロナウイルスに感染し亡くなった。直葬をお花で彩った体験ストーリー

縁を切った母が新型コロナウイルスに感染し亡くなった。直葬をお花で彩った体験ストーリー

新型コロナウイルスによる感染者数も70万人を超え、死者数も1万人を超えてしまいました。いつどんなとき、となりの人が亡くなってしまうかわからない。悔いの残らない日々を送る重要性は、コロナ禍でより強くなったように感じます。

現在は北陸地方にお住まいのMさん(仮名)も、お母さまを新型コロナウイルスで亡くされました。実はそのお母さまは、縁を切った人だったそうです。

絶縁状態の母が、新型コロナウイルスで危篤状態だと連絡をもらった

母が新型コロナに感染し、病院で危篤状態だとの連絡を受けました。正直、よく見つけたなと思ったのが第一印象です。幼少の頃両親が離婚して、母一人子ひとりで暮らしていました。シングルマザーって本当にお金ないんですよね。誕生日を祝ってもらうことはもちろん、学校の行事とか、給食費でも結構苦労しましたよ。

高校の時に再婚しましたが、義理の父と折り合いが悪くて……。家を出て暮らすことになりました。幸い地方の銀行に就職できたんですが、それが裏目。安定職にいるんだからと母が金の無心が来たこともありました。どうも義父もあれだったみたいです。

そのころ結婚を考えていたこともあり、もう縁を切ってしまいました。今の夫と結婚して、二人の子どもに恵まれて……忙しかったので、母のことはほとんど思い出さなかったです。

嫌な思いや苦労って消えないまま残るじゃないですか。意識不明で危篤状態と聞いても、面会に行く気もなかったですし、お骨を引き取るのもごめんでした。でも夫が、最期くらいは挨拶に行ってもいいんじゃないか、自分の心の整理がつくよ、と。車を出して病院まで送ってくれました。

ベッドに横たわる母は、全く別人みたいでした。もちろん触れたりはできませんよ。やせ細って、げっそりと頬はこけてますし、記憶よりずっとシワもシミもある。看護師さんが、見舞いに来た人が初めてだと言っていました。どうも義父とは離婚していたみたいです。会いに行った数日後、亡くなったという連絡をもらいました。

棺を花でいっぱいにして直葬を

涙は出なかったです。ただ、子どものおもちゃを片づけていて、ふと母がくれた誕生日プレゼントを思い出しました。野草っていうか、野花を摘んで花束にしてくれてたんですよ。あとは勉強に必要なノートくらい。友達がキャラクターグッズとかお洋服とかもらってるなか、あんまり嬉しくないけど、気持ちは有りがたかった。母は花が好きだったんでしょうね。散歩すると花の名前をいつもあげてました。自分をこの世に生み出した人が、いなくなったんだ、という実感がそのときわいてきて……。

夫が「火葬くらいはしてあげたら」と言ってくれたこともあり、直葬という、通夜も告別式も行わない葬儀だけはやることにしました。葬儀社さんにも一応お願いして……そのとき、棺に花をいっぱい入れられないかと聞いてみたんです。まあ、それくらいないいかなと思って。

葬儀社の方、リクエストを聞いてくれて、真っ白だけじゃなくて、色のバランスがよくなるように花を選んでくれました。コロナで亡くなると、袋に入ったままの納棺(※)になるんですけど、最期のときより、よっぽど幸せそうな姿で、花でいっぱいにしてあげて良かったなと感じました。

※非透過性納体袋。新型コロナウイルスによるご遺体の接触感染を防ぐ目的がある

不義理を詫びる気はありません。ただ、最期の最後に、ちょっと親孝行できたのかな、と思います。

死因が新型コロナウイルスでもお見送りはできる。大切な時間を

死亡原因が新型コロナウイルスでもお見送り、または直葬は行なえます。 Mさんのように、故人との関係にご事情がある場合、直葬を選ぶケースが比較的多くなります。

最期のお別れはどんなときもただ一度です。大切な時間を花で彩ることで、Mさん自身も心の整理ができたのではないでしょうか。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。