コロナ

コロナ禍で県外から葬儀に参列するとき気をつけることは?5つの重点ポイント

コロナ禍で県外から葬儀に参列するとき、どう気をつければ良い?5つの重点ポイント

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、私達の生活様式は一変しました。緊急事態宣言下では県外も含めた長距離移動を避けるように制限され、つらい思いをされた方も多いのではないでしょうか。葬儀は「必要急」であり、故人へお別れを告げる大切な場です。県外へ移動するとき、感染リスクを下げるにはどんな点に気をつければ良いのか、5つの重点ポイントをご紹介します。

コロナ禍の県外移動のポイント:移動前の行動は注意深く

まず、県外移動する前に、外出を控える、不織布マスクで行動する、手指の消毒を徹底する、人と会う回数を減らすなど、感染リスクを減らした生活を送ることが大切です。体温を測ることも習慣づけておくと安心です。

だるい、喉が痛いなどの症状が出たときは移動は見送らねばなりません。体調を整えることが第一歩となります。

コロナ禍の県外移動のポイント:ピークを避ける

コロナ禍では、ピークに旅行することは避けてほしい、と繰り返し報道されていました。葬儀で県外に出る場合も、ピーク時間を避けましょう。

当日に葬儀へ出席するときは、間に合うように移動しなければなりませんが、余裕があれば席が空いている時間を選ぶと比較的安心です。

コロナ禍の県外移動のポイント:交通手段の選び方

例えば、目的地まで自分の車で移動すれば、移動中の感染リスクはかなり軽減できます。新幹線や飛行機でも、できるだけ人の少ない場所を選び、食事以外は常時マスクを着用するなどの対応で、かなり感染リスクを抑えることができるはずです。

今はどの公共交通機関も、人との距離をできる限り確保した席を手配してくれますので、予約の際に相談してみるのもおすすめです。

コロナ禍の県外移動のポイント:手指の消毒・うがいをこまめに行う

移動中も手指の消毒(手洗い)、うがいをこまめに行いましょう。アルコールジェルやおしぼりを持ち歩くと安心です。ウイルスの主な感染経路は接触感染と飛沫感染。

在来線や車、バスでは自分の近くにある窓を開け、換気を心がけるのも大切な感染予防対策です。

コロナ禍の県外移動のポイント:人との会話は距離を取り、なるべく控える

飛沫感染はクラスターのひとつの原因。リスクを減らすには距離を取り、会話を控えることが一番です。コロナ禍では密を避けるべく、葬儀で椅子など距離を取って置かれています。ただ、参列者同士がマスクなしで喋ってしまえばそうした努力も意味を為しません。気心知れた者同士ではつい気がゆるんでしまいがちですが、できる限り、マスクの着用・距離を取ること。会話も控えたほうが安全です。

できる限り気をつけて、故人を心残りなく見送ろう

滞在時間が短ければ、感染リスクも減らせます。慌ただしくはなりますが、一日葬なら日帰りにするのもおすすめです。実家や親戚の家に泊まるのは帰省の醍醐味ですが、コロナ禍ではホテルに宿泊するほうがリスクは低くなります。

葬儀は、故人とのお別れの場。もう二度と会えなくなる最期の瞬間です。会いに行きたいと思う心はけして非難されるべきことではないはず。できる限り注意し、感染リスクを軽減した県外移動を心がけましょう。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。