葬儀の流れ

プロテスタントの告別式の流れ。聖餐式から埋葬まで

プロテスタントの告別式の流れ-聖餐式から埋葬まで-

同じキリスト教徒の葬儀でも、宗派によって異なる部分があります。カトリックは通夜と告別式を別々に執り行うのが一般的ですが、プロテスタントでは、葬儀と告別式を一緒に行います。この記事では、プロテスタントの告別式がどのような流れで行われるかについてわかりやすく解説しています。

聖餐式

故人が臨終を迎えたときに遺体を清めて死化粧を施すこと聖餐式(せいさんしき)と呼びます。死化粧は臨終直後に行なわれるものなので、危篤状態になったときには、牧師や親族に連絡をしておく必要があります。

死化粧と同時に故人の衣服の着替えも行いますが、日本の儀式のように死装束に着替えるのではなく、生前愛用していた衣服に着替えさせるのが一般的です。

末期の水

日本でも昔から行われている儀式ですが、儀式を行う順番と執り行う人に違いがあります。

日本では、臨終直後に遺族や親族が順番に故人の顔や体を拭いたり、ガーゼに含ませた水を与えるのが一般的ですが、プロテスタントの儀式では、死化粧が終わった後に、牧師が故人にパンとワインを与えるのが一般的な流れになります。

納棺

納棺は遺族と親族によって行います。牧師が故人の遺体に聖水を振りかけた後に、親族によって故人を持ちあげて棺に納めます。故人の手が胸の上でクロスするような形に安置し、ロザリオと十字架を配置して、棺の空いたスペースに花を敷き詰めます。

通夜

日本の通夜のような儀式は、「前夜祭」と呼ばれています。
棺の周囲に燭台と花を飾り、遺族は順番に牧師から聖水を受けます。この順番は故人と関係が近い人からになります。

日本の通夜で行われる「通夜ぶるまい」の習慣はありませんが、通夜式が終わった後には、簡単なお茶会が行われて、参列者が会話をしながら故人を偲びます。

告別式

告別式では、音楽の演奏と聖書の朗読などが行われます。

開式

オルガンの演奏と共に、喪主、遺族、棺、牧師が式場に入場します。参列者は先に入場していて、席を立って入場者を迎えます。

聖書朗読・説教

入場後、牧師による聖書朗読が行われ、参列者は祈祷します。聖書の朗読が終わると、牧師から説教が行われます。

オルガン演奏

牧師の説教後にオルガン演奏が行われ、参列者は演奏中、故人の冥福を祈り祈祷します。

讃美歌の斉唱

オルガン演奏の後、参列者によって讃美歌が歌われます。斉唱が難しい場合は、参列者全員の祈祷に変わるケースもあります。

讃美歌の後は、故人に近い関係の人から順番に献花を行います。

出棺

告別式の間、棺は白い布に覆われていますが、告別式が終了すると白い布を取り、故人との最後の対面が行われます。参列者が順番に対面を行った後、棺は蓋を閉じられて、親族の手によって霊柩車に運ばれます。

火葬

日本で葬儀を行う場合、遺体は火葬されるのが一般的です。故人の棺とともに、親族は火葬場へ向かい、火葬される前に、最後の儀式「火葬前式」を行います。

牧師が聖書を朗読している間、親族は祈りを捧げ、聖書の朗読が終わると、讃美歌を歌い、故人と最後のお別れを行います。

仏式の場合と同様に、火葬後は親族や知人が箸で遺骨を拾って壷に納める「骨上げ」を行います。日本の儀式と違うところは、親族や知人が二人一組で箸を使って遺骨を持ち上げる「箸渡し」などの作法はないため、親族はそれぞれに遺骨を持ち上げて壷に納めます。

埋葬

火葬後は、一度自宅に骨壺を持ち帰って自宅に安置して、その後の昇天記念式で埋葬を行うのが一般的です。

召天記念式

日本の四九日の儀式のように、「召天記念式」という儀式があります。亡くなられた日を「召天記念日」と呼び、その日から数えて7~10日目、もしくは、30日目に「召天記念式」を行います。

故人の通っていた教会に、親族や知人、友人が集まり、故人に祈りを捧げ、讃美歌を歌います。簡単な茶会も行われ、故人を偲ぶと同時に、遺族を励ますことも記念式の目的となっています。
火葬後に自宅に安置されていた遺骨は、この日に墓地で埋葬されるケースが多いです。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。