一日葬

一日葬でも香典は必要?香典の金額相場や渡し方を紹介

一日葬でも香典は必要?香典の金額相場や渡し方を紹介

香典は葬儀において、花や線香の代わりとされるものですが、一日葬では香典はどのようになるのでしょうか?通常の葬儀の香典についてはなんとなくわかっていても、一日葬となると「一日葬に香典は必要なのか?」「一日葬の香典の相場は?」と頭を悩ませることもあるでしょう。

この記事では、一日葬における香典の扱い、香典の平均金額、渡し方や書き方などについて解説します。香典の扱いに悩んだ場合は参考にしてみてください。

一緒に読まれている記事

一日葬でも香典は用意しておこう

一日葬でも香典を用意する必要があります。葬儀の流れそのものは、一般葬と変わらないためです。また、どのような葬儀であっても、香典の可否は喪主が決めるものであり、地域性や伝統を無視した葬儀ができない点も注意が必要です。

喪主が香典を辞退したら無理に渡さない

香典は喪主がその可否を決めます。そのため、喪主が香典を辞退した場合には、無理に渡すことはできません。加えて、一日葬のメリットは、参加者や開催者の負担を減らすことにあるといえます。

そのため、一日葬においても香典を用意することは一般的であるものの、喪主が香典を辞退した場合には無理に渡さないことを意識しましょう。また、香典を辞退する旨は、葬儀を開催する前にお知らせが届くため、参列者であった場合はその意向に従うことでトラブルが起きにくくなります。

香典がトラブルとなる可能性は低いものの、香典を受け取った遺族はお返しをする必要があります。そのため、参列者の意向だけでなく遺族の負担も考えたうえで香典を渡す必要があるといえるでしょう。

葬儀に参列できない場合

葬儀に参列できなかったとしても、香典は用意しておく必要があります。一日葬は通夜の手順を省く葬儀であるものの、香典の扱いは変わりません。

葬儀に参列できない場合の香典の扱いは以下の3つの方法があります。

  • 香典を代理の参列者に渡す
  • 郵送する
  • 後日持っていく

一日葬でも、基本的には断りがない限り香典を用意し、できる限り渡す努力が必要となります。例えば、香典を用意したものの、一日葬に参列できない場合には、参加できる参列者に自分の香典を預けることが可能です。

預かった参列者は、自分の香典と代理として預かった香典を遺族に渡すといった方法で香典を届けることが可能です。また、葬儀から時間があいたとしても香典を用意したかどうかが後の関係性にも響いてくるため、郵送や持参することがおすすめだといえるでしょう。

加えて、香典を代理の参列者に渡す際、代理となる参列者の方が目上の方であれば、お願いすることそのものがマナー違反となるため注意してください。

香典の扱いは一日葬でも一般葬と変わりません。特に、訃報のお知らせが届いたうえで断りがなければ用意する必要があります。そして、香典を届けないこと自体がトラブルとなる可能性もあるため、そういった点に注意しながら香典を渡すようにしましょう。

家族葬での香典の扱い

香典は、お悔やみの気持ちを示すものです。しかし、家族葬などにおいては葬儀のスタイルから、香典を用意しても渡す確率は低いといえます。家族葬は、家族や親戚などの近しい血縁者のみで行う葬儀です。

そのため、家族葬では、香典を辞退する可能性が非常に高いといえます。家族葬を実施するメリットは、香典や供花などのお返しの負担を極力減らすことにあるためです。

一日葬と同じく、家族葬も香典の可否は喪主が決定します。しかし、香典について言及されていなかったとしても、家族葬の場合は負担を軽減することが目的だということを喪主は知っておく必要があります。

葬儀を開催する場合、基本的に香典や供花、弔電に至るまでその可否は伝えられます。仮に記載がなかった場合には、葬儀会社などに聞いておくことがトラブルを避ける手段となるでしょう。

葬儀ごとの香典の扱い
種類 一日葬 一般葬 家族葬
香典の扱い 断りが無ければ用意する 断りが無ければ用意する。殆どの場合は受け取ることが多い。 断りが無ければ用意する。しかし、負担軽減が葬儀の目的であるため、渡さない場合もある。
一緒に読まれている記事

一日葬における香典の相場

一日葬の香典の相場についてみていきましょう。香典は、血縁関係が近ければ近いほど高くなります。一般葬であっても一日葬であっても、相場は大きく変わりません。

香典の金額相場

香典の金額の相場は、5000円が平均値となっています。血縁関係が近ければ近いほど高額となりやすいものの、血縁関係が近くない参列者に関しては、5000円で問題ないといえるでしょう。

一日葬の場合、家族や親族が多く、通夜がないことから一般の参列者は少なくなる傾向にあります。そのため、集まり人数にもよるものの、香典の金額の相場としては、全国の平均より高くなる可能性もあります。

特に、近親者や家族となれば、数万円以上となる場合も多く、親に至っては10万円を超す場合も少なくありません。全国平均はあくまでも平均を示したものであり、地域性や関係性によって変化することを知識として覚えておきましょう。

加えて、葬儀のスタイルそのものが現状では変化しつつあり、一般葬以外の葬儀が増加しつつあります。しかし、香典はお悔やみの気持ちを示すものであることから、金額が大きく変動することは少ないといえます。

一緒に読まれている記事

親族間での香典の金額相場

香典の相場は親族間であれば、ある程度の金額となることが非常に多いといえます。血縁関係によっても、上下するものの、両親や祖父母、兄弟などとなった場合には、一定の金額が必要となります。

例えば、両親などであれば、5万円からとなっていることが多く、場合によっては10万円を超すことも少なくありません。受け取る範囲を親族全体などにした場合、最低でも1万円程度は香典として渡す必要があると見積もって良いでしょう。

香典の金額に関しては、故人との関係性が金額に現れると考えられます。そのうえで、地域性なども加味し、香典の金額を決定します。加えて、香典の可否は喪主が決めるものの、金額に関しては喪主が決めるものではありません。

そのため、一般的な関係性をふまえたうえでどのくらいの金額が相場であるのかということを把握しておく必要があります。

関係性 金額の相場
両親 5万円~(10万円かそれ以上が多い)
兄弟 5万円~
祖父母・親戚 1万円~

金額のみをみてみると、親戚がどうかといったポイントが非常に重要になってきます。全国的な相場と著しくかけ離れることはあまりないケースであるものの、心配な場合は葬儀会社などに確認を取ることも大切です。しかし、家族からの香典は、どのような葬儀の形でもある程度の金額を用意しておく必要があるといえるでしょう。

一日葬での香典の渡し方

香典の渡し方について詳しくみていきましょう。一般葬であっても渡すタイミングを計った上で香典を喪主に渡す必要があります。場合によっては、誰か香典を持ってきたのか受付を行う人間を配置することもあるものの、一般葬においては、さほど多くの人間が参加することを想定していない場合が多いといえるでしょう。

香典を渡すタイミング

一日葬で香典を渡すタイミングは、告別式か焼香の前がベストだといえるでしょう。一日葬であれば通夜は省略されるため、それ以外のタイミングで香典を渡す必要があります。

一般葬であれば通夜のタイミングで渡すことがほとんどであるものの、一日葬では、その通夜がないことを知識として覚えておきましょう。

香典の渡し方

香典の渡し方は、

  1. 右の手のひらにふくさを置く
  2. 左手でふくさから不祝儀袋を取り出す
  3. 挨拶とともに向きをそろえて相手に渡す

といった流れです。渡す際には必ず両手で渡しましょう。

一日葬の場合は、受付ではなく喪主に渡す可能性もあります。その際、渡し方を守ったうえで手渡しすることがマナーといえるため、いざというときのためにどのように渡すのかを事前に覚えておきましょう。

不祝儀袋の選び方

不祝儀袋は、

  • 「香典」と書いてあるもの
  • 無地のもの

を選択しましょう。仏教であれば、ユリの花や十字架が描かれている不祝儀袋は必要ありません。宗教に合わせて、不祝儀袋の種類を選択する必要があります。

加えて、金額が高くなるほど、水引があるものや装飾がされているものを選ぶのが一般的とされています。ふくさの色なども、暗い色を選択する必要があるといえます。

また、水引の有無は宗教によっても異なってくるため、よく確認したうえで持参しましょう。

香典の書き方

香典袋は自分で書く場合、非常に様々な書き方があります。最初から香典袋と印刷されている場合には、無理に書き換える必要はありません。

たとえば、

  • 仏教では御霊前
  • 浄土真宗では御仏前
  • キリスト教では御花料

などと記載しましょう。宗教に関しては事前に把握することが難しい場合もあるものの、どのような宗派なのかを確認することはできるため、宗教に合わせた書き方を行う必要があります。

具体的な書き方としては、水引がある場合は、水引の下にフルネームを記載する必要があります。連名などである場合は、年長者を最も右に記載し、多くても3名ほどを表書きに記載します。

一日葬で連名の香典袋を自分で書くケースは少ないと想定されるものの、正しい書き方をしておくことでトラブルとなることを防ぐことが可能です。また、中袋がある場合には、中袋の表に金額を記載しましょう。また、裏目に関しては、住所や名前などを記載することが一般的です。

香典袋に関連して、お札を入れる場合は、

  • 新札ではなくある程度使用したもの
  • 裏向きに合わせる

などもマナーの1つといえるため、遺族に不快な思いをさせないためにも実践していきましょう。

一緒に読まれている記事

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

電話をかける
無料資料請求をする
Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

葬儀時の会社への連絡方法と忌引き休暇の申請の仕方
葬儀のマナー

葬儀時の会社への連絡方法と忌引き休暇の申請の仕方

遺影写真の選び方
葬儀

遺影写真の選び方

葬儀の案内・連絡方法まとめ!訃報、挨拶状から喪中はがきまで
葬儀のマナー

葬儀の案内・連絡方法まとめ!訃報、挨拶状から喪中はがきまで

葬儀や法要での正しい供物の送り方
葬儀のマナー

葬儀や法要での正しい供物の送り方

葬儀のお花のマナーまとめ【供花・枕花・献花・花輪】
葬儀のマナー

葬儀のお花のマナーまとめ【供花・枕花・献花・花輪】

突然の葬儀。弔電の送り方、マナーや料金のまとめ
葬儀のマナー

突然の葬儀。弔電の送り方、マナーや料金のまとめ

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長
コンシェルジュ室 室長 あおき
最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。