供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

大切な故人様やご先祖様の供養をするために設置するお仏壇。しかし、さまざまなお仏壇が販売されているため、どれを購入すれば良いか分からないという方も多いです。実際に、お仏壇は、どのように選べば良いのでしょうか?この記事では、お仏壇の購入方法について分かりやすく解説します。

お仏壇を購入する際の手順

まずは、お仏壇を購入する際の手順をご紹介します。

1.設置場所を決める

まずは、お仏壇の設置場所を決めます。自宅に仏間がある場合は伝統型タイプ。リビングなどにお仏壇を設置する場合は家具調タイプと、設置場所によって購入すべきお仏壇は異なるからです。設置場所を決めたら、寸法を測定しておきましょう。

仏教では、どの方角にも仏様がいるため、方角による吉凶はありません。しかし、真北は避けて設置することが多いです。また、直射日光が当たる場所や湿気が多い場所は避けて設置をしましょう。

デザインを決める

設置場所を決めたら、お仏壇のデザインを決めていきます。床置きタイプのお仏壇には、金仏壇・唐木仏壇・モダン仏壇があります。

・金仏壇   黒の漆塗りに金箔が貼られており、極楽浄土を彷沸する荘厳な雰囲気を持つ仏壇
・唐木仏壇  美しい木目を生かし重厚感がある仏壇
・モダン仏壇 洋室に合うようなインテリア性を重視して作られた仏壇

材質を決める

お仏壇に使用されている素材は、さまざまです。例えば、木材だけでも黒檀や紫檀の他、桑やウォールナットなどの種類があります。

また、薄板貼りや木目調プリントなどの加工方法もあります。どのような材質、加工にするかで金額は変動するため、どのような材質や加工方法にするかを決めておきましょう。

宗派を調べておく

お仏壇には、ご本尊様を祀って仏教の教えに触れます。そのため、ご先祖様や故人様の宗派を確認して位牌を作りましょう。

予算を決めておく

お仏壇の販売価格は、材料や加工手間などによって大きく変動します。数万円で購入できる仏壇もあれば、数百円する仏壇もあります。そのため、どの程度の予算にするかを決めておきましょう。

店頭で仏壇を購入する

お仏壇の購入で忘れてしまいがちなのが、お仏壇のアフターメンテナンスです。お仏壇は、長く使用するため、傷が付いてしまったり、日焼けしてしまったりすることもあるでしょう。

このようなトラブルが起きたときに、アフターメンテナンスをしてくれる店舗でお仏壇を購入しましょう。最初から1つの店舗に絞り込むのではなく、さまざまな店舗に出向いてみることをおすすめします。

お仏壇の購入に関してよくある質問

お仏壇の購入時に悩みを抱えることは珍しいことではありません。ここでは、お仏壇の購入でよくある質問をご紹介します。

Q.お仏壇の平均購入金額はいくらですか?

お仏壇の平均購入金額は約34万円です。ご先祖様や故人様を供養するために、数百万円するお仏壇を購入される方もいます。その一方で、仏具社と家具メーカーの共同開発による低価格のお仏壇も高い支持を集めています。

Q.お仏壇を購入するタイミングはいつですか?

お仏壇は、一般的に四十九日法要までに購入します。しかし、じっくり考える余裕がない場合などは一周忌に合わせてお仏壇を購入します。お仏壇は購入すると買い替える機会がないものなので、ジックリと検討しましょう。

Q.お仏壇の他に用意するものはありますか?

お仏壇とは、寺院の内陣を小型にして厨個と一体化したものの呼称です。寺院のミニチュア版がお仏壇と考えると理解しやすいでしょう。そのため、お仏壇にもご本尊様を飾る必要があります。

お仏壇の購入で後悔しないようにしましょう

お仏壇は買い替えるものではないため、後悔しないようにジックリと検討しましょう。お仏壇を購入する際の流れやポイントを把握しておけば、満足度の高いものが購入できるはずです。

この記事では、お仏壇の購入時の流れをご紹介したので、ぜひ、参考にしてみてください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。