供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

大切なかたが亡くなったとき、供養するためにお仏壇を置きたいと考える方は多いです。近頃では、モダン仏壇やミニ仏壇など、さまざまなタイプが販売されています。そのため、どのような仏壇が販売されているかを把握した上で仏壇を購入してください。ここでは、お仏壇の種類について分かりやすく解説します。

お仏壇の種類

お仏壇の種類は、主に3つのタイプに分類できます。

伝統的なお仏壇

和室に合う重厚なデザインの伝統的なお仏壇には「金仏壇」と「唐木仏壇」があります。

金仏壇は、漆塗りに金箔が貼り付けられています。荘厳な雰囲気を持っており、極楽浄土をイメージさせる雰囲気があるのが大きな特徴。昔からある伝統的なお仏壇です。漆や金箔の質や量、お仏壇の加工手間などによって、金額が変動します。

唐木仏壇は、美しい木目が活かされた仏壇です。輸入が制限されている本黒壇や本紫壇は希少性があるとみなされ、高額になります。

家具調のお仏壇

近頃は、和室を設けていない自宅も増えてきました。このような背景により、洋室に見合う仏壇として家具調のお仏壇が登場。

リビングなどに置いても調和することから「モダン仏壇」とも呼ばれており、インテリア性を重視したスッキリしたデザインであることが大きな特徴です。また、宗教らしさも感じさせないデザインで人気を集めています。

新しいタイプのお仏壇

子どもがいないご家庭でお仏壇を引き継ぐ予定がなかったり、核家族化で仏壇を置きたくなかったりなどライフスタイルの変化に伴って、登場したのが手元供養です。

実家に仏壇を置いているから、部屋に仏壇は必要ないという考えを持つ方から人気を集めている供養方法です。

手元供養には、ミニ仏壇やミニ骨壺、遺骨ペンダントなど、さまざまな形式のものがあります。これらの手元供養を仏壇代わりにする人もいます。

なぜ、お仏壇を置くの?

さまざまな種類のお仏壇があると理解して頂けたと思います。実際に、どの仏壇を置くか迷われている方もいるでしょう。

お仏壇は、ご先祖様を祀るために置くものです。仏様と一緒にご先祖様を祀ることで、成仏(供養)できると古くからの伝えがあります。また、日常における故人やご先祖様への感謝の場として仏壇を置きます。

お仏壇の種類を把握して選ぼう

お仏壇は、ご先祖様に感謝の気持ちを伝えたり、故人様を成仏させたりするために置くものです。どのようなお仏壇を置くかは、人それぞれです。近頃は、事情により仏壇を置かない家庭が増えていたり、手元供養を選んだりする方も増えています。

しかし、どのようなお仏壇を置くかよりも、ご先祖様に感謝の気持ちを込めて供養することが何よりも大切です。近頃は、さまざまなお仏壇が販売されているため、ゆっくりとご検討してみてください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。