終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

仏門に入った証として、戒名が付けられます。生前と死後で違う名前になるのが、日本では一般的です。しかし、戒名は死後だけではなく、生前にも付けられるものなのです。これを「生前戒名」といいます。

生前戒名には、どのようなメリットがあるのでしょうか?付けるときの注意点はないのでしょうか?この記事では、生前戒名について分かりやすく解説します。

戒名とは?

死後、仏様の弟子になって精進するために戒名がつけられます。もともとは、出家して仏門に入った人につけられるものでした。

大乗仏教の教えが広まり、死後は全ての人が仏様の弟子となるという教えが一般にも広まった関係で、亡くなった後に付けるのが、一般的になったのです。

生前戒名をつけるのは縁起悪い?

死後につけられるのが一般的ですが、死後でなければ、付けられないというわけではありません。希望すれば、生前にでも戒名を付けてもらえます。

生前戒名のメリット

生前に戒名をつけてもらうことには、以下のようなメリットがあります。

生前戒名の価格は安い

死後に戒名をつけてもらうよりも、価格が安いです。死後の場合、位牌が完成するまでには戒名をつけなければなりません。通夜や葬儀の際には、すでに戒名がついた白木位牌が飾られていることも多いです。

その場合は、1日足らずで僧侶が考え、記さなければなりません。生前戒名の場合は、時間に余裕があります。僧侶の仕事量の大変さを考えると、相場が安くなる理由も理解しやすいでしょう。

また、生きている間につけることで、檀家との絆を深めて、離檀を防ぐ効果もあります。僧侶にとってもメリットがあるので、通常よりも相場が安いと言われています。

戒名に自分の意思が反映される

生前のその人の姿や行いをする住職が、その人に相応しい名前をつけてくれるものです。亡くなった人は当然ながら、自分の戒名を選ぶことはできません。

名前をつけてくれる住職の考え方によりますが、本人の意思をある程度反映できる可能性があります。

生前戒名をつけるときの注意点

生前戒名をつけてトラブルになるケースもあります。どのようなポイントに注意すべきか解説します。

菩提寺に依頼する

お寺の檀家になっていて、菩提寺があるならば、菩提寺の住職に依頼するのがマナーとなっています。本人が亡くなったときに、他の寺の住職がつけた戒名を持っている場合、弔うことを拒否するケースも少なくありません。

せっかく生前戒名をつけてもらったのに、弔いを受け付けてもらえないなら、もう一度付け直さなければなりません。

親族には必ず生前戒名を伝えておく

本人が亡くなったとき、親族の誰一人として生前戒名がつけられた事実を知らなかったら、もう一度戒名を付けることになるでしょう。

料金も安いものではないので、2度も繰り返して支払うのは非常に無駄になります。また、せっかく自分が気に入った名前なのに、いざ葬儀になったら、別のものになってしまうのであれば、生きている間に戒名をつけたことが全く意味のないものになってしまいます。

生前戒名の相場

どの位号をつけるかによって戒名の価格は違ってきます。位号とは戒名の終わりの部分に記された位のことです。この位が高ければ高いほど戒名代は高価なものになります。

・信士や信女

最も価格が安いのが男性は「信士」、女性は信女という「位号」です。相場は20~30万ですが、生前戒名の場合は半額になるので、10万円程度でつけてもらうことが可能です。

・院号

位号の中で最高位に当たるのが「院号」です。院号を戒名としてつけてもらう場合、その宗派の本山に申込をしなければなりません。

そのため、多額なお布施が必要となり、相場は100万円前後になることが多いです。生前ならば、院号の位号は半額以下になることが多く、1/3や1/4で付けられる場合もあります。

死後、信士や信女をつけるのと同じくらいの価格で院号の位号を受けることができるので、自分の戒名に拘る人には、生前戒名は価値があるものだと思います。

生前戒名を検討してみましょう

残されたご遺族に迷惑をかけたくないという方が増えており、生前整理をする人が増えています。葬儀やお墓のこと、また、生前戒名を自分自身で用意する人が増えています。

これらを用意しておけば、残されたご遺族の負担が減らせるだけではなく、戒名の費用を安く抑えられたり、自分の意思を反映できたりします。そのため、これを機会に、生前戒名をはじめとした生前整理を始めてみてください。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。