相続・遺言

トラブル続出!生前にデジタル遺品の整理をした方が良い理由とは?

トラブル続出!生前にデジタル遺品の整理をした方が良い理由とは?

遺品は個人から引き継がれる形見だけではありません。最近、トラブルが急増しているのが”デジタル遺品”です。意図して残したわけではないのに、生前のデータが残ってしまい、内容によってはトラブルに発展することがあります。

この記事では、デジタル遺品のトラブルを回避する方法や処理の仕方についてわかりやすく解説しています。

デジタル遺品とは

パソコン本体やハードディスク、USBなどの記録媒体、スマホの端末などに残されたデータがデジタル遺品です。本人が所持していたデータだけならば、端末や本体を破棄することでデータも消失するだけです。

しかし、故人がSNSやクラウドサービスなどを利用していた場合は、消去するまで半永久的に記録し続けられてしまうことになります。場合によっては、サービス利用料が請求されてしまうので注意しなければいけません。

デジタル遺品が引き起こすトラブル

デジタル遺品が引き起こすトラブルは2種類あります。

1つ目が、故人が隠していたデータを見ることで、精神的なショックを受けること。2つ目が、デジタル遺品の存在を知らずに放置しておくことで、損害を受ける可能性があることです。

パソコンやスマホ内のメールや写真

故人のスマホやパソコンに残されたデータの中に、故人が見られたくなかった写真や画像が出てくることがあります。故人の隠された一面を知ることになり、精神的なショックを受けることも少なくありません。

また、メールの送受信記録で、生前に不倫をしていた事実などが明らかになる場合もあります。

未解約の有料サービス

生前、ネットなどで有料サービスを利用していて、その後解約をしていなかった場合、料金は発生し続けます。そのため、ご遺族に突然請求が来る場合があります。

FXなどの負債

有料サービスの未払い料金ならば、1~2ヵ月分くらいが滞納分としてまとめて請求されるだけなので、経済的にも大きな問題にはならないと思います。

しかし、故人がFXの口座を持ち、遺族が知らない取引を行っていた場合、投資金額やレバレッジの割合によっては、多額の負債が発生している可能性があります。

株や証券・ネット口座の資産

亡くなられた後に、銀行口座に残された貯金や不動産については、親族と話合って相続を終えているのに、その後、ネット口座やデジタルデータの仮想通貨や株などの資産の存在がわかったときには、再度、遺産相続をやり直さなければなりません。

デジタル遺品のトラブルを防ぐ方法

自分の身にいつ何が起きるかはわかりません。そのため、デジタル遺品でのトラブルを防ぐためには、生前から気を付けておきましょう。ここでは、デジタル遺品のトラブルを防止する方法を紹介します。

こまめにデータを消去する

最も手軽で確実な方法は、不要なデータをこまめに消去する事です。不要な画像や、受信したメールなどは、その都度消去しておくことで、トラブルを防ぐことができます。

見られたくない写真やメールをフォルダに入れてパスワードロックをする方法もありますが、絶対に見られないという保証はありません。

あとは、本体に画像やメールを保存せずに、クラウドサービスに転送しておくことです。クラウドサービスのリンクをブックマークしておかない限り、遺族はそこに画像などが保管してあることがわからないため、永遠に秘密にすることができます。

通帳や入出金の記録はアナログで保管

世の中全てがデジタル化に向けて進んでいますが、まだ不完全な部分があります。亡くなった後、遺族にデジタル資産の存在をしらせるならば、手帳やメモに通帳番号や暗証番号を記載して残しておくことで安心できます。

高齢の方で、自分の最期に供えてエンディングノートを持っているならば、そこに記載したり、若い人の場合は、メモなどに記入して机の中に入れておくことで、死後の備えにもなりますし、パスワードを失念したときの備えにもなります。

デジタル遺品のトラブルには注意をしよう

今回は、デジタル遺品のトラブルについて解説しました。デジタル遺品整理をすると、故人の生前の写真が得られるなどのメリットがありますが、トラブルを招くデメリットもあります。このようなトラブルを防止するために、生前整理でデジタル遺品を整理する方も増えてきています。ぜひ、生前整理を検討している方はデジタル遺品を合わせて行っておきましょう。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。