供養

神道でご先祖様を祀るための家庭祭壇の飾り方【御霊舎と祖霊舎】

神道でご先祖様を祀るための家庭祭壇の飾り方【御霊舎と祖霊舎】

神道では、故人様やご先祖様の霊は「守護神」になるという伝えがあります。守護神に当たるご先祖様の供養を粗末にしてしまうと、災厄が訪れるかもしれません。家を粗末にすることは、神様を粗末に扱うことに直結するからです。

そのため、神道によるご先祖様の祀り方の基本マナーを覚えておきましょう。この記事では、神道のご先祖の祀り方について分かりやすく解説します。

神道でご先祖様を祀る方法

神道でご先祖様を祀るためには、どうすればよいのでしょうか?まずは、神道によるご先祖様を祀る方法について分かりやすく解説します。

目的

神道では、故人様の霊は家の守護神となり、子孫を守ってくれるものとされています。そのため、故人の霊を御霊舎(みたまや)に祀ります。近年では、各家族化が進んでいるため、神棚や御霊舎を設けない家も増えています。

しかし、神社に初詣に行き、神様のお札を持ち帰り、神棚に納めている人を見かけたこともあるでしょう。そのため、御霊舎の飾り方を学ぶ機会は減ってきています。

正しい知識を持って飾ることで、心のこもった供養ができるとされているとして、神道でも家庭祭壇が飾られるのです。

飾り方

御霊舎は、家族のライフスタイルに合わせて、好みのものを選べます。省スペースでも安置できる上置き型、部屋の壁に取り付けられる壁掛け型などがありますが、基本的に飾り方は同じです。

霊璽(仏式では位牌に当たる)は、御霊舎の最上段に置きます。霊璽を飾ったら、中扉は閉めて、その前に神鏡を置きます。

真榊は左右で対になっていますが、鏡や勾玉が付いたものを左側、剣が付いたものを右側に置きます。その手前に、徳利、水玉、三宝を飾りましょう。

神道では、毎月「1日」「15日」が節目とされているため、新しい神饌や榊を供えましょう。

飾る際の注意点

御霊舎は、故人様の霊(祖霊)を飾るために設置するものです。そのため、故人様の霊が、召天者になる五十日祭までに御霊舎を用意しておきましょう。五十日祭に故人様の納骨が行われるため、霊璽を御霊舎へ移します。

神道の場合は御霊舎にご先祖を祀ろう

核家族化の信仰などで、御霊舎(祖霊舎)の祀り方を学ぶ機会は減りました。しかし、神道では、守護神となったご先祖様がご家族を守ってくれているという言い伝えがあります。そのため、御霊舎の飾り方のマナーについて把握しておきましょう。

ご先祖様に感謝の気持ちを込めて、供養することで、暖かく見守ってもらえるはずです。ぜひ、これを機会に、故人様・ご先祖様の祀り方を覚えてみてください。

関連する記事
Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。