お墓・納骨

お墓・納骨
和型墓石の構成要素-墓石本体から備品まで分かりやすく解説-

霊園や墓地に建てられるお墓は、形状から和型と洋型に分類されます。代々、引き継がれるお墓を建てる場合には、見た目にもこだわりたいものですね。そのためにも、お墓の構造について理解をしておきましょう。この記事では、和型墓石の構…

お墓・納骨
お墓にかかる費用について【墓地使用料・墓石工事料・墓地管理料】

お墓は、故人を供養するために欠かせないものです。しかし、お墓を建てる際には、多額の費用が必要になります。 今回は、お墓にかかる費用や、費用の負担を軽くする方法について解説します。損をせずに、お墓が建てられるように、費用に…

お墓・納骨
室内墓苑(可動収納型墓地)のメリット・デメリットについて徹底解説

従来のお墓は、屋外のスペースに建てられたものが一般的でした。現在では、屋内にお墓を建てた「室内墓苑」という形態も浸透しつつあります。 室内墓苑には、メリット・デメリットの両方があります。この記事でそうした点を把握し、室内…

お墓・納骨
火葬後に遺骨の分骨をする理由とは?分骨の手順まで分かりやすく解説

「故人様の遺骨を分けて、自宅近くにお墓を建てたい」「悲しみが癒えないから、遺骨ペンダントを作りたい」 さまざまな理由によって、分骨を希望される方がいます。このような気持ちは、故人様にも届くことでしょう。しかし、分骨をする…

お墓・納骨
納骨の時期はいつがよい?準備方法や儀式の流れまで徹底解説!

故人様の遺骨は、どのタイミングで納骨するべきなのでしょうか?納骨のタイミングに悩む方は多いです。また、納骨式の参列者の負担を減らすために、納骨の手順や準備方法も学んでおきましょう。この記事では、納骨の時期について分かりや…

お墓・納骨
卒塔婆を立てる意味とは?立てる時期や方法まで分かりやすく解説

お墓参りに行った時に、細長い木製の板が立てられているのを目にすることも多いでしょう。まだお墓が建っていない土地や、お墓の後ろや側面に立っていることが多いです。 この木の板は「卒塔婆」と呼ばれるものです。大切な故人様のため…

お墓・納骨
還骨法要(かんこつほうよう)とは?基本的な流れを徹底解説

火葬後に「還骨法要」を行うことがあります。これは、骨に還った故人を供養するための大切な法要です。 この還骨法要を行う際は、「後飾り祭壇」などそれに向けた準備が必要になります。この記事で、具体的な還骨法要の流れや、後飾り祭…

お墓・納骨
改墓の基本的な手順とは?平均費用や移動方法まで徹底解説!

この記事では、改墓について解説します。近頃は、自宅の付近にお墓を引っ越しさせたいという方も増えてきています。このような場合は、どのような手続きを行えばよいのでしょうか?引越しの手順や費用・お墓の移動方法などを学んでおきま…

お墓・納骨コロナ
葬儀の後では間に合わない!霊園見学はコロナ禍でもできるの?

新型コロナウイルスの影響は私達の生活全体に拡がり、残念ながら亡くなった人の数も増えてきました。その中で自分の死後について考えたり、外出を控えたことでお墓の管理を難しく感じたりする人が増えたようです。先祖代々の墓がない・自…

お墓・納骨
建墓に必要な費用の目安とは?お墓を建てる前後で必要な費用を解説

お墓を建てる際に必要な費用の目安は、約150万円~200万円です。しかし、墓石の種類や加工方法によって金額は変動します。 また、お墓を建てた後も、寺院に墓地管理費などを支払わなければいけません。そのため、お墓を建てる前に…

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。