お墓・納骨

ペットと一緒にお墓に入ることはできるの?

ペットと一緒にお墓に入ることはできるの?

ペットの葬儀とは

日本では、子供の総人口よりペットの飼育数が上回り、近頃はペットの葬儀を希望される方が増えました。ペットを自分の子供のように可愛がり育ててきた方にとって、ペットの葬儀は画期的なサービスのはずです。

しかし、ペットの葬儀は歴史が浅いため、飼い主側と業者側でのトラブルも後を絶ちません。そのため、正しい知識を身に付けることが大切です。

ペットの葬儀が誕生した背景

従来は、ペットが無くなった後、焼却炉に運んで焼いてもらっていました。小さな動物であれば、そのまま土に埋めることもできますが、大きな動物の場合はそのまま埋めることはできません。そのまま埋葬するのは、衛生的にも良くないでしょう。

しかし、保健所に依頼をすると、他の動物と一緒に焼かれてしまいます。従来、火葬の目的は、処分するというものだったので、大切なペットと一緒に過ごした時間が長い方は辛い気持ちになってしまいます。

このような背景から、ペット葬儀は誕生しました。ペット葬儀を選べば、個別に火葬してもらえ、遺骨を引き取ることができます。そのため、大切なペットの供養を丁寧に行ってあげられるとして人気を集めています。

チェックポイント

最愛のペットの供養を手厚くしたいと希望する方がペット葬儀を選択しています。

ペット葬儀の流れ

ペット葬儀が人気を集めていると説明しましたが、実際にどのような流れで葬儀が執り行われるのかを確認しておきましょう。

1.業者に連絡をして葬儀内容を決める

ペット葬儀は「個別立会火葬」「一任個別火葬」「合同火葬」があります。どのような葬儀を執り行いたいかを業者と打ち合わせをして決めていきます。

個別立会火葬

ご家族の立ち合いのもとで、ペット火葬を執り行います。少しでも手厚く弔いたい方や、家族みんなで最愛のペットと最後のお別れをしたいという方に向いています。

一任個別火葬

個別に火葬を執り行いますが、すべてをペット霊園の運営会社に一任するため、当日のご家族の立ち合いや収骨はできません。火葬後のペットのご遺骨は、後日、ペット霊園に取りにきてもらう形となります。ご遺骨を収骨したいけれど、火葬の費用を可能な限り抑えたいという方に向いています。

合同火葬

ペット霊園の運営会社に、火葬から供養までを一任する方法です。火葬は、他のペットと合同で執り行われるため、ご遺骨を収骨できません。また、お墓に関しては、他のペットと一緒の合同墓での供養となります。自宅で別れをすることができて、葬儀費用をなるべく抑えたいという方に向いています。

2.迎えが来るまでペットを安置しておく

業者が自宅までペットを迎えにきます。指定日まで日数がある場合は、自宅にペットの遺体を安置しておく必要があるため、夏場の場合は腐敗しないように、頭とお腹を氷またはドライアイスで冷やします。

3.迎えの車にペットを納める

火葬車が来るので、火葬車にペットを納めます。合同火葬を選択した場合は、この地点でペットとお別れとなります。

4.指定日に火葬

火葬の場合は、生前ペットが遊んでいたオモチャなどを一緒に入れて火葬します。しかし、金属製やプラスチック製のオモチャは燃えないため、一緒に入れることはできません。一般的に、生前に遊んでいたぬいぐるみ等が一緒に入れられることが多いです。

5.納骨・永代供養

返骨を希望しない場合は、ペット霊園の運営会社の責任で供養されます。返骨を希望する場合は、遺骨を受け取り、納骨場所を決めていきます。納骨場所が決まらない場合は、遺骨を数日間預かってくれる業者もあります。

チェックポイント

ペット葬儀は「個別立合火葬」「一任個別火葬」「合同火葬」の3つのパターンから選ぶことができます。

一部の民間霊園では人とペットを一緒に埋葬できる

ペットも家族の一員として「いつまでも一緒にいたい」というお客様の要望を叶えてくれる霊園・墓地もあります。ここでは、数少ない人とペットを一緒に埋葬できる霊園をご紹介します。

東京都内の霊園は人気を集めており、既に完売している霊園もあるため、気になる霊園を見つけた場合は、早めの見学をしておきましょう。

メモリアルフォレスト多摩「南の丘」

メモリアルフォレスト多摩「南の丘」は植栽に力を入れている霊園のため見どころが沢山あります。「青龍の滝」「三春滝桜」があるため、四季折々の風景を楽しむことができます。

また、町田市の大賀ハスの苗を120株譲り受けて植栽しているハス池も1つの見どころとなっています。キレイな景観に囲まれて故人様に眠って欲しいという考えの方から人気を集めている霊園です。

霊園名 メモリアルフォレスト多摩「南の丘」
住所 東京都町田市小野路町湯銭2353
最寄り駅 永山駅
価格 約103万円

神奈川聖堂

神奈川聖堂は、みなと横浜に生まれた港が見える屋内霊園・納骨堂です。屋内型のため、雨や雪、雷などの天候に関わらず、いつでも安心してお参りすることができます。

神奈川聖堂のお墓・納骨堂は、近年増えた機械式の移動型墓地ではなくて、すべて従来型の据え置き式のお墓です。そのため、すぐにご先祖様や大切な故人様、一緒に暮らしたペットと逢うことができるご供養の気持ちを大切にする霊園です。

霊園名 神奈川聖堂
住所 神奈川県横浜市神奈川区新町6-1
最寄り駅 神奈川新町駅、東神奈川駅、仲木戸駅
価格 約150万円

小田原富士見霊苑

2018年9月に、小田原市内初の本格公園墓地が誕生しました。霊峰富士に見守られて、心ゆくまで故人を偲ぶことができる安らぎの環境が用意されています。また、全区画平坦地のバリアフリー仕様で、管理棟にはエレベーターも完備しているため、高齢者の方も安心してお参りすることができます。

霊園名 小田原冨士見霊苑
住所 神奈川県小田原市下大井392-2
最寄り駅 御殿場線、上大井駅
価格 約98万円

都筑まどか霊園

都筑まどか霊園は、四季折々の花と緑に囲まれた明るく自然豊かな環境の霊園です。四季折々の花や緑が美しく彩られていて、参拝者の心をいつも和ませてくれます。また、大切なお墓を自身や災害から守るため、全面連結の基礎施工を採用しています。専任のスタッフが常駐しているため、管理・整備・セキュリティ面でも安心できます。

霊園名 小田原冨士見霊苑
住所 神奈川県横浜市港北区新吉田町5277-1
最寄り駅 仲町台駅
価格 約99万円

新所沢友愛聖地苑

新所沢友愛聖地苑は、最上級の施設が備えられており、いつでも気持ち良くお参りできる環境が整えられています。毎週、土曜日・日曜日やお彼岸やお盆の時期は、送迎用のマイクロバスが出ているため、年を重ねても楽にお参りすることができるでしょう。

また、大型駐車場が完備されているため、混雑時でも安心して来ることができます。永代供養墓も用意されているため、お墓の継承者がいない方も申込みすることができます。

霊園名 メモリアルフォレスト多摩「南の丘」
住所 埼玉県狭山市上赤坂641
最寄り駅 新所沢駅
価格 約78万円

サンク川口霊園

2018年9月に埼玉県川口市に新規開園した霊園です。サンク川口霊園は、埼玉県川口市にある四季折々の花が咲き誇る霊園です。さまざまな広さやタイプの区画が用意されているため、希望のあった区画に申し込むことができます。また、お墓の承継者がいなくなっても永代供養をしてもらうことができるため、どなたでも申し込みができます。

霊園名 サンク川口霊園
住所 埼玉県川口市赤山美奈源長寺1261-1
最寄り駅 新井宿駅
価格 約95万円

チェックポイント

ペット葬儀は人気で、墓地や霊園では予約で埋まっているところもあります。そのため、気になる墓地や霊園を見つけたら、早めに見学をして検討してください。

ペット葬儀を選択する場合の注意点

ペット葬儀が人気を集めていることは理解頂けたと思いますが、ペット葬儀を依頼する場合は注意点があります。ここでは、ペット葬儀を選択する場合の注意点について解説します。

悪質業者ではないかを確認する

ペット霊園だけの話ではありませんが、葬儀会社の中には悪質業者が埋もれています。近年、葬儀のトラブル被害件数は増えてきているのです。

「契約金額以外に追加費用が発生して、高額な請求をされた」「個別火葬を依頼したにも関わらず、他の動物の遺骨が混じっていた」などの被害の報告は少なからず挙がっています。 そのため、霊園は時間をかけて比較検討して選ぶようにしましょう。

資料やホームページだけの情報だけでは、どのような霊園かは分かりません。実際に霊園を訪問して、墓地の管理具合やスタッフの対応力を確認して、信頼できる霊園かどうかを必ず確認してください。

家族の考えを擦り合わせる

「どのようにしてペットを供養するか?」についての考え方は、家族でも異なる可能性があります。たとえば「葬儀費用を安く抑えられるなら合同火葬で良い」という考えの方もいれば「私達が1人で火葬されるように、ペットも同じ形式で火葬してもらいたい。

ペットも家族の一員であったことに変わりはないから、家族同様に火葬も見送りたいし、収骨もしたい」と考える方もいるでしょう。

さまざまな意見が出てくると思いますが、誰かの意見だけを無理に通そうとするとトラブルの原因になってしまい、家族関係にヒビが入ってしまうこともあります。そのため、時間をかけて、どのような供養方法を選択するかを話し合いましょう。そして、家族全員が納得する火葬のやり方を選ぶことが大切です。

チェックポイント

ペット葬を執り行う上でのトラブルは絶えません。そのため、本当に信頼ができる葬儀会社かどうかを見極めましょう。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。