お墓・納骨

お墓・納骨
手元供養とは?手元供養を始めるためのポイント

近年増加を見せている新しい供養の形、手元供養。一度は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。この記事では、手元供養とはそもそも何かや種類と特徴、手元供養をお勧めする人、供養のためのアイテム、残った遺骨の供養方法について解説しています。

お墓・納骨
無縁墓はどうなる?墓じまいの方法

日本では少子高齢化が長らく問題となっており、それに伴いお墓の継承も難しくなっています。この記事では、計画的な墓じまいの方法、墓じまいが増えている背景、無縁墓がどうなるか、業者の選び方、墓じまいの費用の相場について解説しています。

お墓・納骨
自宅供養について解説!自宅供養の費用や方法、注意点は?

お墓には管理が必要だし、費用もかかります。遺された人に迷惑をかけたくないことから、お墓を持たない供養方法を考えてことのある人はいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、自宅供養の方法、自宅にお墓を立てることへの問題点、手元供養とは何か、自宅に遺骨を保管する時の注意点について解説しています。

お墓・納骨
お墓を買うのにローンを組める?活用できるローンや注意点を解説!

費用が高額になりがちなお墓の購入、ローンを組めたらいいのにと思う方は多いのではないでしょうか。お墓の購入費用の内訳や購入時に活用できるローン、ローンを使用する際の注意点について解説しています。

お墓・納骨
共同墓地の特徴とかかる費用の徹底解説

2003年頃から拡大してきた共同墓地。一般的なお墓と比べて、具体的なイメージがわかないという方も多いのでは。この記事では、共同墓地の主な特徴や一般墓地との違い、メリットとデメリット、共同墓地にかかる費用、共同墓地が向いている人はどんな人かについて解説しています。

お墓・納骨
仏壇の正しいお参りと作法を解説!友人宅へ訪問する際のマナーについても!

仏壇は、一般的な家庭に置かれる礼拝施設。皆さんの中にも自宅に仏壇があったり、自宅にはなくとも実家や祖父母の家を訪ねた時には仏壇に手を合わせた経験のある人がいらっしゃることでしょう。そんな時、とりあえずお線香に火をつけて手…

お墓・納骨
1つの家に2つ仏壇があっても大丈夫?1つにまとめる場合の注意点

少子高齢化によって継承者がいなくなってしまい、仏壇を2つ置くことになってしまった、とうい経験はございませんか。この記事では、仏壇が2つになってしまう理由から、仏壇を2つ置く場合の注意点、1つにまとめるときの注意点、使わなくなった仏壇の処理方法までを解説しています。

お墓・納骨
仏壇購入に向けてチェックしたいポイント

身内が亡くなると、すぐに仏壇を買わなきゃと思う人もいるでしょう。しかし急ぐ必要はありません。仏壇について知識を深めてからでも遅くはないはずです。この記事では、仏壇を購入する時期や設置場所、仏壇を設置する向き、宗派による細かな違い、予算と値段によって変わってくるポイント、仏壇と一緒に購入すべきもの<について解説しています。

お墓・納骨
手元供養にはいくらかかるの?費用の内訳と相場の解説

私たちが人間である以上避けられないことではあるものの、今までずっと大切にしてきた人が亡くなってしまうのは本当に悲しく寂しいことです。亡くなった人を近くに感じていたいと思うのは、人としての性なのかもしれません。 従来、亡く…

お墓・納骨
永代供養を行った場合も法事を行うべき?意味やポイントを解説!

永代供養をお願いしていながらも、年忌などは個人で法要を行う方がいらっしゃます。そのことについて不思議に思った方もいるのではないでしょうか。この記事では、永代供養と一般供養の違い、永代供養の注意点、永代供養でも行われる法要や個人で法要を行うことの意味、事前打ち合わせのポイントについて解説しています。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

葬儀のマナー

葬儀時の会社への連絡方法と忌引き休暇の申請の仕方

葬儀

遺影写真の選び方

葬儀のマナー

葬儀の案内・連絡方法まとめ!訃報、挨拶状から喪中はがきまで

葬儀のマナー

葬儀や法要での正しい供物の送り方

葬儀のマナー

葬儀のお花のマナーまとめ【供花・枕花・献花・花輪】

葬儀のマナー

突然の葬儀。弔電の送り方、マナーや料金のまとめ

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。