葬儀の流れ

家族が急死した場合の葬儀の手配の流れとは?正しい手順を覚えよう!

家族が急死した場合の葬儀の手配の流れとは?正しい手順を覚えよう!

家族の「急死」という予測していない事態に、頭が真っ白になるご家族も多いでしょう。遺されたご家族がやるべきことはたくさんあり、葬儀の手配も大切なことの1つです。

急死の場合の葬儀の手配には注意しなければいけないこともあるため、正しい手順を理解しておきましょう。今回は、葬儀の手配の正しい手順について解説していきます。

急死の定義

急死とは「急変し死亡に至ること」を意味します。その原因は病気によるものだけではありません。自殺や不慮の事故、事件、災害なども含まれます。直前まで健康そうに見えた人間が、突然死亡することを指します。

家族が急死した場合の葬儀の流れ

家族が急死した場合に、どのように葬儀を手配していったらよいのでしょう。順番に解説していきます。

1.連絡をする

・病院で急死した場合

病院で亡くなった場合には、医師から病院へ連絡が入ります。必要があれば、そのほかの家族・親族にも連絡を取り、病院に行きましょう。その後、医師から経過説明のうえ、死亡確認がご家族立ち合いのもと行われます。

・自宅などの病院以外で急死した場合

ご家族が第一発見者の場合には、死亡しているかの判断は素人には困難です。まずは救急車を呼び、蘇生処置および病院への救急搬送を行います。蘇生困難と判断されれば、死亡確認となります。

自宅で亡くなり、病死の可能性が高いのであれば、かかりつけ医に連絡し、死亡確認を行います。

事件や事故死では、病院もしくは警察署の遺体安置室で遺体と対面するというご家族もいらっしゃるでしょう。その際は、病院・警察の指示に従い、本人確認と死亡確認を行います。

2.現場検証・事情聴取

急死の原因が不明で、事件や事故の可能性があるときに、警察が介入します。急死に至るまでの本人の生活状況や家族・友人関係について事情聴取が行われ、同時に現場検証も行います。

全ての現場検証が終了するまでは、荷物を動かしたり、物を持ち出したりしてはいけません。

3.死亡診断書(死体検案書)を受け取る

急死の場合には、死亡診断書もしくは死体検案書が発行されます。死亡診断書は亡くなった際に、医師による診断を受け、死亡が確認された場合に発行される書類です。

しかし、急死された場所や状況により、事件や事故など死因に事件性がないか調べる必要があります。その際に行われるのが検視・検案・司法解剖です。死因を特定したのち、発行されるのが死体検案書です。

この2つの書類は実は同じ様式の書類です。「死亡診断書(死体検案書)」という表記になっていて、書類で急死や事故死などがわからないように配慮されています。

4.ご遺体を搬送する

死亡確認後は、遺体を安置する場所を決めなければなりません。自宅か葬儀社の霊安室、もしくはそれらが決まるまで病院の霊安室に安置するケースもあります。

急なことですので、葬儀について何も考えていないというご家族も多いでしょう。葬儀社を手配してから、ご遺体の搬送方法・搬送先を検討しても遅くはありません。

5.ご葬儀の手配をする

葬儀の手配の際に注意すべき点があります。急死の状況によってはすぐに葬儀が行えない場合もあります。警察から検視・検案・司法解剖などの指示がある場合には、手配の手順が変わりますので葬儀社に状況をきちんと伝え、葬儀の手配をしましょう。

家族が急死した場合は心を落ち着けて葬儀を手配しよう

大切な家族の不幸に、誰もが冷静ではいられません。訃報に際し、ご家族としてどのようにしたらいいのか、何に注意したらいいのか、この記事を通してわかると、少しずつ現実と向き合っていくことができるかもしれません。少しずつ心を落ち着けて、葬儀の手配をしたいですね。

関連する記事
Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。