葬儀のマナー

弔電と香典を両方送るときのマナーとは?両方とも送って大丈夫?

弔電と香典を両方送るときのマナーとは?両方とも送って大丈夫?

やむを得ない事情で葬儀に参列できないとき、亡くなられた方や遺族との関係の深さによっては弔電を送ったり、香典を送ったりすることも多いでしょう。この記事では、弔電や香典を送るときに気を付けなければならないマナーについて解説しています。

弔電とは

親しい間柄の方が亡くなられた、もしくは亡くなられた方の遺族と関係性が深い場合、通常ならば葬儀に参列しますが、遠方に住んでいるなどの事情で、葬儀や通夜に参列できないときに、故人や遺族にお悔やみの意を表すために打つ電報が弔電です。

お悔やみの意を伝えるだけならば、電話でも可能ですが、葬儀場に送られた弔電は、葬儀の際に読み上げられるため、多くの遺族に対して哀悼の意を伝えることができます。

香典とは

香典は、亡くなられた方に供える金品のことです。線香や供花の代わりとして供えるものとされており、香典の「香」は線香のことを指し「典」と言う文字は供えるという意味を表すものになります。

香典は、不祝儀袋(香典袋)に入れて葬儀場で遺族に手渡しするのが一般的ですが、葬儀に参列できない場合は、現金書留などで郵送される場合もあります。

弔電と香典を送るときのポイント

葬儀参列時に多くのマナーがあるように、弔電や香典を送る時にもマナーがあります。マナーを知っておかないと、自分が恥をかくだけではなく、遺族に対して大変失礼に当たりますので、重要なポイントは押さえておきましょう。

故人との関係の深さで変わる

故人と深い付き合いがあった場合には、弔電と香典の両方を送ります。あまり関係が深くなかった場合は、弔電だけを送るのが一般的です。

香典の金額は、故人との関係性によって変わります。また、香典を出す人の年齢によっても変わってきます。香典の金額は多いほどよいというものではなく、自分と相手との関係性を考えて、適切な金額を送るようにしましょう。

故人との関係性 故人との関係性 金額
祖父母 20代 30,000円
30~40代 30,000~50,000円
50代以上 50,000円~
叔父・叔母 20代 10,000円
30~40代 10,000~30,000円
50代以上 30,000円~
友人・知人 20代 5,000円
30~40代 5,000~10,000円
50代以上 10,000円
上司・同僚(職場関係者) 20代 5,000円
30~40代 5,000~10,000円
50代以上 10,000円

遺族の都合に配慮する

近年、家族葬や直葬などの小規模葬儀が増加し、香典や供え物をお断りするケースも増えています。香典などをお断りする場合は、訃報のおしらせや葬儀の案内状に、その旨が記載されています。

遺族が香典を辞退されている場合は、どんなに故人との関係性が深くても、遺族の都合に配慮して、香典を送るのは自粛するのがマナーとなることを覚えておきましょう。

遺族が香典を辞退しているにも関わらず、香典を送ってしまうと、香典返しなどを用意しなければならない手間も増え、遺族に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

地域によって葬儀マナーは異なる

香典は不祝儀袋に入れて送りますが、地域によっては不祝儀袋の書き方や形式が異なることがありますので注意が必要です。

香典袋には水引がついていますが、水引の色にも違いがあり、関東では黒白か銀色、関西では黄白か銀色になります。葬儀が遠方で行われるために参列できずに、香典のみを送る場合、その地域のマナーを調べて、地域の風習に合わせることが必要です。

大切なことは遺族の立場を考えること

葬儀に参列できずに、弔電や香典を送るのは、故人に対してではなく、遺族に対して哀悼の意を表していることになります。

そのため、一番大事なのは、身内が亡くなられて気を落としている遺族の立場を考えてあげることです。

葬儀に参列して、直接哀悼の意を伝えることが一番ですが、参列できない場合は、弔電や香典を送るときのマナーをしっかり守って、遺族へお悔やみの言葉を伝えて下さい。

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

終活

生前戒名は必要か?メリットと注意点を知っておきましょう!

供養

お仏壇の購入方法とは?選び方や予算の決め方まで分かりやすく解説

供養

お仏壇の種類とは?金仏壇や唐木仏壇、モダン仏壇まで徹底解説

葬儀のマナー

火葬後の骨上げの作法とは?基本的な流れからよくある質問まで解説

コロナ直葬葬儀のマナー

コロナ禍での直葬のマナー 喪主が気をつけるべきマナーとは?

葬儀のマナー

手元供養とは?ミニ骨壺や遺骨アクセサリーが選ばれる理由

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。