コロナ

コロナ
新型コロナによるご遺体は葬儀で安置できる?適切な処置があれば感染リスクはほぼなし

新型コロナウイルスでの世界中での感染拡大から1年。日本でも死者が1万人近くになってしまいました(2021年4月末時点)。葬儀は故人との最期のお別れを告げる場。新型コロナウイルスによるご遺体は、安置した状態で通夜・告別式を…

コロナ
新型コロナ禍での葬式参列、マナーはどうすれば良い?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンライン葬儀や、一日葬や直葬を選ぶなど、葬儀のあり方も変わってきました。参列者のマナーはどのように変化したのでしょうか?通常のマナーに加え、感染予防対策の上で出席することが求められて…

コロナ
コロナ禍でのお葬式に「一日葬」を選ぶ遺族が増えている?負担軽減につながるメリットも

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、葬儀のやり方も随分と変化しました。不要不急にはあたらないとされていても、クラスター(集団感染)を避けるべく、各葬儀社は独自制定のガイドラインに従い、柔軟な対応を行っています。 …

コロナ
コロナ禍での葬式では「通夜」は行わないケースも。安全に配慮した葬儀を行うために

目次 新型コロナウイルスの感染拡大で葬儀に起きた変化とは通夜は「親族のみ」で行うことがほとんどにご遺体の死因が新型コロナウイルスだった場合通夜に出席する場合は感染予防対策をしっかりと 新型コロナウイルスの感染拡大で葬儀に…

コロナ
家族葬は何人でも「家族葬」コロナ禍で心残りなく見送るお葬式をめざして

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、緊急事態宣言も発令されることとなりました。不要不急にはあたらない葬儀ですが、現在では、感染リスクを減らした形で行われていることがほとんど。中でも「家族葬」を選ぶご遺族が増えています…

コロナ
葬儀での新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ「マスクマナー」とは?

新型コロナウイルスの感染拡大がおさまらず、変異株までも登場してしまいました。まだまだ心休まる時は訪れないようです。葬儀は「不要不急」にはあたらないため、緊急事態宣言下でも行うことができます。気になるのはマスクのマナー。感…

コロナ
コロナ禍の葬儀で、マスクの色は黒にすべき?実は喪服=黒は明治時代から

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、私達の生活すべてを変えてしまいました。中でも「マスクマナー」が問われるようになったことは、以前との大きな違いと言えます。 コロナ禍でも葬儀は行われていますが、気になるのがマスクの色…

コロナ
新型コロナウイルス緊急事態宣言下での葬儀はどうなる?予防対策を万全に!

目次 新型コロナウイルスの猛威は収まる兆しが見えず、緊急事態宣言が再度発令される見込みとなりました。葬儀はどうなるのでしょうか?新型コロナウイルスの影響で変わった「葬儀の形式」直葬(火葬式)一日葬大事なのは感染予防措置を…

コロナ
新型コロナウイルスによるご遺体は火葬できる?安全にお見送りする知識を身に付ける

新型コロナウイルスの世界的な流行は、お葬式の形すらも変えました。重症患者は最期のお別れも言えないまま、しかもすぐに火葬場へ搬送されてしまう……という噂もあり、不安はつのるばかりです。 もしも自分の家族が感染によって死亡し…

事前の相談・資料請求で、必ず5000円割引

いざというときに安心。事前予約で最大5万円割引

Column

葬儀の知識

葬儀の知識やマナーなどのオリジナルコラムも配信しています。

PICK UP

カテゴリ

最新のコラム

コロナ

新型コロナによるご遺体は葬儀で安置できる?適切な処置があれば感染リスクはほぼなし

コロナ

新型コロナ禍での葬式参列、マナーはどうすれば良い?

コロナ

コロナ禍でのお葬式に「一日葬」を選ぶ遺族が増えている?負担軽減につながるメリットも

コロナ

コロナ禍での葬式では「通夜」は行わないケースも。安全に配慮した葬儀を行うために

コロナ

家族葬は何人でも「家族葬」コロナ禍で心残りなく見送るお葬式をめざして

葬儀

新型コロナ禍での葬儀は帰省しても良い?早めの判断を

Concierge

コンシェルジュの紹介

24時間365日対応。いざというタイミングだけではなく、将来の不安解消や、後々の相続のご相談も承ります。

コンシェルジュ室 室長 あおき

最近では一日葬や直葬など、「できるだけ簡素に見送りたい」というご要望を特に多くいただきます。
しかし、「予算を抑えたい」「故人の遺志だから」という理由だけで深く考えずに決めてしまうと、思わぬトラブルが発生し、後悔や心労の残るお別れになりかねません。

葬儀の規模や内容の決定にあたっては、
故人様の遺志のみならず、ご親族の意向や、故人様の交友関係、菩提寺とのお付き合いなど、
様々な観点からじっくりと検討する必要があります。

私共「葬儀コンシェル」は、頂いたご質問・ご要望に的確にお答えするのはもちろんのこと、
お客様を取り巻く様々な状況・ご要望を整理しながら、最適なお別れの形を提案させていただきます。

「頼んでやってよかった。あの人も喜んでいると思う。」
そう言っていただけるよう、私達は、お客様に寄り添いサポートいたします。